<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
オランジェンクーヘン (デメルの福袋)

JUGEMテーマ:スイーツ

 

1月2日に梅田の阪急百貨店で並んで買ってきた、デメルの福袋です。

 

 

その中のオランジェンクーヘンをいただくことにしました。

 

 

原材料欄のトップには「バター」とあります。

「小麦粉」よりも「バター」が先に書いてある焼き菓子ってときどきありますが、まず間違いなく美味しいんですよね。

 

封を開けた瞬間、オレンジとバターのとてもいい香り。

これは、絶対、美味しいですね〜

 

まずは半分に切ってみました。

 

まだ大きいので、さらに半分に切りました。

表面にはアーモンドスライス。

そして、生地の中にはオレンジピールがいっぱい見えます。

 

一口パクッ!

おおお、見た目と香りどおりのお味。

バターの風味がとても豊かで、それにオレンジのさわやかさが加わっています。

ときどき混じるオレンジピールの香りとほろ苦さがいいアクセントになっています。

 

うーん、美味しい!

完成度の高いお菓子です。

 

 

関連ランキング:チョコレート | 梅田駅(大阪市営)大阪駅梅田駅(阪神)

 

| スイーツ | comments(0) | trackbacks(0)
ハンバーガー チーズ&目玉焼きトッピング (今日の手抜きランチ)

JUGEMテーマ:グルメ

 

昨日に続き、今日も手抜きランチです。

 

家人がどうしてもマクドナルドのフィレオフィッシュが食べたいというので、買ってきました。

わたしは、ついでにハンバーガーを買って、家でアレンジ。

 

目玉焼き

 

チーズも一緒に焼きます。

 

 

 

ハンバーガーにはさんでできあがり。

目玉焼きは半熟です。

かぶりつくと黄身がトロリ。

 

安くて簡単で、それなりに美味しいです。

 

 

 

| グルメ | comments(0) | trackbacks(0)
焼豚丼 (今日のランチ)

JUGEMテーマ:グルメ

 

今日のランチは家ご飯。

 

それも、コープさんで買ってきた焼豚を使った焼豚丼です。

 

ちょっと厚めに切られた焼豚。

家でフライパンで軽く焼き直して、タレをかけてさらに焼いて、ご飯の上に。

そして卵の黄身をのせて出来上がり。

 

手抜きのランチですが、美味しかったです。

 

 

| グルメ | comments(0) | trackbacks(0)
シャス・スプリーン 2005 2日目

JUGEMテーマ:ワイン

 

今日のワインは、

 

シャトー・シャス・スプリーン 2005

の2日目です。

 

さて、昨日は少し硬かったシャス・スプリーンですが、どのように変化したでしょうか。

 

ビンに、澱がこびりついていますね。

長年の熟成を物語っています。

 

さて、味わいの変化です。

香りについては、昨日よりも少し控えめのような気がします。

味わいについては、若干、堅さが抜けたような。

そして、コアの旨みがじわじわと感じられるようになってきました。

 

結論から言うと、ボルドーの2005年は、やはり長熟。

グラン・クリュについては、まだ早いかもしれません。

 

 

 

| ボルドー | comments(0) | trackbacks(0)
シャトー・シャス・スプリーン 2005 (今日のワイン)

JUGEMテーマ:ワイン

 

今日のワインは、

 

ボルドー・ムーリーのクリュ・ブルジョア

 

シャトー・シャス・スプリーン 2005

 

年越しワインとなったパープル・エンジェルに続き、2005年ヴィンテージ飲み比べの2本目です。

 

2005年は、ボルドーのグレート・ヴィンテージ。

わたしも、そこそこの本数を買いました。

まだ、ポンテ・カネやマレスコなどのグラン・クリュにはほとんど手を付けていないのですが、このシャス・スプリーンを飲み頃の試金石にしたいと思っています。

 

セパージュは、

カベルネ・ソーヴィニョン 55%

メルロー 40%

プティ・ヴェルド 5%

となっています。

 

ワイン・アドヴォケート誌によると、

評価:ニール・マーティン 91点、ロバート・パーカー 89+点

飲み頃:2015年〜2030年

となっています。

 

これによると、飲み頃のまだ初期という事になります。

3年前にもこのワインを開けたのですが、そのときはまだガチガチの印象でした。

今回はどうでしょうか。

 

 

 

 

 

色は黒に近いガーネット・ルビー。

香りは、ボルドーらしいカシスやブルーベリー。

一口飲むと、意外と柔らかい印象。

 

あ、もう飲めるかも・・・と思ったのですが、後口には結構なタンニンの収斂味が残ります。

とは言え、3年前に比べると、雲泥の差の飲みやすさ。

 

まだ熟成の余地は大きいですが、現時点でも美味しいと言えるレベルです。

あと1本持っているのですが、それは3年程度は寝かしておこうかな。

 

87点

 

 

 

 

 

| ボルドー | comments(0) | trackbacks(0)
フラインで焼くピザ クックちゃんの生ピザ

JUGEMテーマ:グルメ

 

年末の事ですが、新商品としてスーパーで売り出されていた生ピザを買い、家で焼きました。

よくある家で焼くお好み焼きのセットのようなもののピザ版です。

 

 

中身を取り出してみると、

ピザの生地

ピザソース

チーズ

そぼろ肉

バジルソース

 

作り方

 

フライパンにオリーブオイルを入れ、そこにピザ生地を入れて焼きます。

後からわかるのですが、このときの生地の入れ方が結構大事。

厚みが均一になるように焼かなければなりません。

 

一度、裏返しました。

きれいな円ではなく、変な形になってしまいました。

それと、厚みが均等ではなく、中心部分が厚く、辺縁部が薄くなっています。

 

ソースをぬって、チーズなどの具をのせます。

下の写真がデフォルトの状態。

 

それに、さらに、家にあった色々な具を足していきました。

モッツァレラに、チェダー、ラクレットという3種類のチーズを足し・・・

 

鶏肉と半熟卵をのせて、チーズが溶けたら、出来上がり。

 

 

 

さすがに盛り過ぎた感は否めません。

バランス的には、ほどほどにしておいた方がいいですね。

ピザ生地ですが、中心の厚い部分が、ちょっとねっとりした感じになってしまいました。

もっと薄くして、カリッと焼いた方が好みかな。

焼き方に、ちょっと工夫が必要かもしれません。

 

| グルメ | comments(0) | trackbacks(0)
デメルほか 阪急・阪神百貨店 福袋色々 

JUGEMテーマ:グルメ

 

今日は、梅田の阪急百貨店、阪神百貨店で、福袋を色々と買いました。

すさまじい混雑ぶりに圧倒されましたが、全部で5つの福袋をゲットしました。

 

 

5つの内の2つは、実家の母のところに置いてきたので、中身はわかりません。

残りの3つの中身を公開です。

 

まずは、阪神百貨店の地下1階で購入した、「ステラおばさん」の福袋(1,080円)です。

 

開けてみると、クッキーがいっぱい!!

数えてみると、なんと24枚!

大盤振る舞いのお得な福袋でした。

 

次は、阪急百貨店の地下1階で購入したチョコレートショップの「デメル」さんの福袋(2,160円)

ウィーンの王宮御用達のお店だそうで、さすがの人気です。

250個限定で、すごい行列でしたが、なんとかゲットしました。

 

大きなケーキが2個、「キルッシュショコラーデ」と「オランジェンクーヘン」

それと、ソリッドチョコレート(スウィート、ミルク各6枚)

めちゃめちゃ美味しそう!!

 

最後は、阪急百貨店の地下2階で購入した、「わらびの里」さんの福袋(1,000円)

ここの「ちりめん山椒」が大好きなので買いました。

 

ちりめん山椒

棒鱈旨煮

肉そぼろ

ごぼう胡麻酢和え

お煮しめ

 

 

色々見ていると、楽しいですね〜

 

 

 

 

 

 

| グルメ | comments(0) | trackbacks(0)
京都へ

JUGEMテーマ:旅行

 

今日、1月2日は、わたしの母が住む京都・伏見に日帰りで行きました。

 

朝、行く途中、母への手土産を買うために、梅田の阪急百貨店に寄りました。

ものすごい大混雑。

福袋争奪戦です。

なんとかわたしも、いくつかの福袋をゲットしました。

 

 

 

そして、梅田から淀屋橋へ移動。

ここから京阪電車で北上します。

 

中書島という駅で降り、伏見の古いまちなみを抜け、実家へと向かいます。

 

 

伏見の酒蔵ですね。

 

途中、長建寺というお寺でお参り。

 

 

 

 

 

土佐藩邸跡

 

大手筋商店街

 

さて、実家で、まずは京雑煮をいただきました。

京都のお雑煮は、濃厚な白味噌で、サトイモや金時人参、大根が入っています。

 

立派な黒豆

 

お腹がふくれた後は、御香宮(ごこうぐう)さんに初詣です。

道路上にある大鳥居。

道路上に鳥居が建っているというのは、普通は考えられないのですが、道路よりも鳥居の方が先にあったのでしょうね。

 

 

 

お参りの行列ができています。

 

 

 

鳥羽伏見の戦いの際には、ここ御香宮で薩摩藩と新選組が戦ったそうです。

 

御香宮の近くに、「南部公園」という児童公園があります。

この公園にプールがあって、「踏水会」(とうすいかい)という明治期に発足した水泳の教室が開かれていました。

わたしも、子供の頃に何度か行った思い出があるので、何十年かぶりに訪れてみました。

 

ありました、プール。

でも、使われて無さそう。廃墟みたいになっちゃってます・・・

 

このすぐ近くに、母の弟、すなわちわたしの叔父が住むマンションがあるので、年始の挨拶に行きました。

高層マンションのルーフバルコニーがある、すごい部屋です。

 

遠くに京都タワーが見えます。

 

こっちは比叡山。

 

そして、帰路に。

中書島駅に向かう途中、黄桜さんのカッパカントリーに寄りました。

3,600円分の商品が入っている2,000円の福袋があり、買おうと思い持ち上げた瞬間・・・

お、重い!!

まあ、酒瓶やビール瓶が入っているので、重いのは当たり前ですね。

これを混んだ電車に乗って、神戸まで帰るのはちょっと無理・・・

あきらめました、残念。

 

梅田まで帰ってきました。

最後に、お初天神に寄ると、またもやお参りの行列・・・

 

まあ、充実した一日でした。

 

 

 

 

| 旅行 | comments(0) | trackbacks(0)
年越しワイン モンテス パープル・エンジェル 2005

JUGEMテーマ:ワイン

 

昨夜、年越しワインとして開けたボトルが、これ。

 

モンテス

パープル・エンジェル 2005

 

2005年ヴィンテージ飲み比べの1本目。

チリのコルチャグア・ヴァレーのワインです。

セパージュは、

カルネメール 92%

プティ・ヴェルド 8%

今やチリの代表的なブドウ品種となったカルネメール主体のワインです。

 

このワインは、10年前にイオンの店頭の福袋でゲットしたもので、これまでずっと寝かしていたものです。

さすがに飲み頃かなと思い、年越しワインとして抜擢しました。

 

 

 

 

 

 

チリのワインらしく、濃厚な色合いです。

ドライフルーツや腐葉土の香り。

 

やはり、まさに飲み頃。

一口飲むと、甘目のアタックに、完熟したタンニン、控えめな酸味。

そして、たっぷりの旨みが口中に広がります。

 

10年間熟成させたかいがあったというものです。

この10年間は、楽しいことも悲しいことも色々ありましたが、これを一つの区切りとして、心機一転がんばって行きたいと思います。

 

年越しワインとしての役割を十分に果たしてくれました。

 

91点

 

 

 

 

 

 

 

| 南米のワイン | comments(0) | trackbacks(0)
ケータリングの「おせち 和風二段重」

JUGEMテーマ:グルメ

 

今まで買ったことがなかったのですが、今年は、ちょっとした事情で、ケータリングのおせちを買うことになりました。

 

「一富士」さんというケータリングのお店です。

 

和風二段重「うぐいす」(10,800円)

 

こんな風に届きました。

 

開けてみると、

おお、なかなか豪華な見た目。

肝心なのは、お味の方ですが。

 

「一の重」は、

有頭海老

棒鱈の炊いたん

ごまめ

鮭の西京焼き

数の子

伊達巻

鶏モモ肉照り焼き

など

 

「二の重」は、

タコの旨煮

ローストポーク

たたきゴボウ

黒豆

栗きんとん

ニシンの昆布巻

などなど

 

 

 

 

 

さっそく、いただきました。

煮物、美味しい。

ごまめ美味しい。

伊達巻も美味しい。

タコの旨煮美味しい。

どれも美味しいです。

(くわいはちょっと苦かったけど)

 

これまで、こういうのに入っている海老とか昆布巻って、あまり美味しいと思ったことなかったのですが、これは美味しい!

一品一品がちゃんとつくられていて、感心しました。

どれも美味しいです。

 

 

 

 

 

| グルメ | comments(0) | trackbacks(0)
<< | 2/348PAGES | >>