<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
カテナ・サパータ マルベック ニカシア・ヴィンヤード 2005 (今日のワイン)

JUGEMテーマ:ワイン

 

今日のワインは、

 

カテナ・サパータ

マルベック ニカシア・ヴィンヤード 2005

 

アルゼンチンの雄、カテナ・サパータのフラッグシップワインは、ニコラス・カテナ・サパータというカベルネ・ソーヴィニョン主体のものと、マルベック主体のものの2系統あります。

さらにマルベック主体のものには、ニカシア・ヴィンヤードやアドリアーナ・ヴィンヤードなどの単一畑ものと、アルヘンティーノという混醸ものがあります。

 

わたしは、カテナ・サパータの2005年ヴィンテージでは、ニコラス・カテナ・サパータ(98点)とアルヘンティーノ(97+点)と、ニカシア・ヴィンヤード(96点)を持っているのですが、まずは、このニカシア・ヴィンヤードから開けることにしました。

 

ワイン・アドヴォケート誌によると

評価:96点

飲み頃:2013〜2027年

となっています。

 

ちょうど、飲み頃の真ん中ということになりますね。

 

 

なかなかくわしい生産情報が裏エチケットに記載されています。

(英語ですが)

 

 

 

色は黒に近いガーネット、香りも黒系果実主体に樽由来の香りや動物的なニュアンスも混じります。

一口飲むと・・・

うーん、ちょっとまだまとまりのない印象です。

しっかりした酸、非常に強いボディ感、密度の高いタンニン。

それぞれに高いポテンシャルを持つ各要素が、バラバラに主張している感じです。

 

これはどうなのでしょうか。

熟成が足りていないのか、バランスが崩れているのか、保存が悪かったのか、ちょっとわたしには判別がつきません。

 

ニコラス・カテナ・サパータとアルヘンティーノについては、より長熟な造りになっているので、もう5年ほどは様子を見ることにいたします。

 

88点

 

 

 

| 南米のワイン | comments(0) | -
コメント
コメントする