<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
独創的な薪焼き料理

JUGEMテーマ:グルメ

 

 

もう4か月前の1月の事ですが、友人と新年会に北野坂にある薪焼きイタリアンのエッレさんを訪れました。

こちらのシェフとは、一昨年の秋に、イタリア・トリノ遠征をご一緒させていただいたこともあり、その時のお仲間と訪れたものです。

独創的な薪焼き料理のコース料理。

見た目も、食材の組み合わせも新鮮です。

 

「ブロッコリーと水」

この水からして只者ではない雰囲気です。

 

「カリフラワーと白子」

この組み合わせ、美味しいです。

 

「馬肉のタルタル 椎茸、水牛のモッツァレラ」

このお皿が土をイメージするお皿、その上に花のようなお料理が乗っていて美しいです。

 

「神戸の野菜」

色とりどりの地元産野菜たち。

こういうのうれしいですね。

 

「ブリの薪焼き 松葉蟹、米、キンカン」

この組み合わせ、よく考えられましたね、風味のマリアージュがバッチリです。

 

 

「タリオリーニ カラスミ、チーマ・ディ・ラーパ」

「春菊、リコッタのトルテッリ キクイモ、トリュフ」

パスタ2種類です。タリオリーニ美味しい!

 

 

「薪で焼いた肉 土佐あか牛 サーロイン」

霜降りではない赤身の牛肉、肉の旨みとはこういうことなのですね!

 

「丹波の栗、大麦」

ワインを飲んでいたせいもあり、このあたりから記憶が怪しいです。

 

「焼きみかんのグラニテ」

 

とにかく、哲学すら感じさせるような独創的なコースです。

お味は好みもあるでしょうが、好きな人にはものすごく刺さる、ある意味尖ったお料理たちでした。

 

 

関連ランキング:イタリアン | 三宮駅(神戸市営)三ノ宮駅(JR)三宮駅(神戸新交通)

 

 

| グルメ | comments(0) | -
コメント
コメントする