<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
アルベール・ビショー シャトーヌフ・デュ・パプ 2012 (今日のワイン)

JUGEMテーマ:ワイン

 

今日のワインは、

ブルゴーニュ・ボーヌに本拠地を置く、アルベール・ビショーが南ローヌで造る、

 

シャトーヌフ・デュ・パプ 2012

 

ブドウ品種は、

グルナッシュ

シラー

ムールヴェードル

ですが、セパージュまではわかりません。

 

シャトーヌフ・デュ・パプは南ローヌの最高級のワインですが、飲み頃が難しいワインのひとつで、比較的早飲みできるものもあれば、少し前に飲んだジャナスの「シャトーヌフ・デュ・パプ VV 2005」は、15年近くの熟成であるにもかかわらず、まだまだ飲み頃に達していませんでした。

ワイン・アドヴォケート誌で飲み頃が示されていれば、確かな目安として参考になるのですが、このワインは示されていません。

でも、これを2本持っているのと、シャトーヌフ・デュ・パプとしては5千円以下で買える比較的お手頃なレンジであることもあり、まだ7年半の熟成ですが、開けてみることにしました。

 

 

 

 

 

 

グルナッシュだけだと、あまり濃い色にはならないのですが、シラーの割合が高いのでしょうか、深いガーネット・ルビーです。

一口飲むと、甘さとズパイシーな要素が前面に出ています。

全体として、各要素がバラバラな印象。

早かったかなと思いましたが、わずか10分ほどで印象が変わってきました。

 

最初は、ややくどい甘さが出ていましたが、そんな感じは影を潜め、14.5%の高アルコールの強いボディ感を中心に据え、酸味やタンニン、凝縮された旨みが、バランスよく感じられます。

 

おそらく、まだ数年は熟成に耐えられるであろう雰囲気ですが、現時点でも十分に美味しいです。

 

シャトーヌフ・デュ・パプとして、そこまでの複雑みがあるかというと微妙なところですが、南ローヌの美味しさをわかりやすく体現しているワインといえるでしょう。

 

88点

 

 

 

 

 

| ローヌ | comments(0) | -
コメント
コメントする