<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
グラハム・ベック ブリュット ブラン・ド・ブラン 2012 (今日のワイン)

JUGEMテーマ:ワイン

 

今日のワインは、

南アフリカのスパークリングワイン

 

グラハム・ベック

ブリュット ブラン・ド・ブラン 2012

 

南半球のワインですので、7年半の熟成という事になります。

 

夏の間はワインをほとんど飲まない生活を送っていましたので、家でボトルを開けるのは久しぶりです。

さて、どうでしょうか。

 

 

 

 

 

 

南半球のワインですので、7年半の熟成という事になります。

ブラン・ド・ブランですので、シャルドネ100%のスパークリングでしょうか。

 

わたしは、シャンパーニュをはじめとするスパークリングワインは、ピノ・ノワール主体のものが好みなのですが、最近、ブラン・ド・ブランの美味しさも少しわかってきた気がします。

 

ブラン・ド・ブランの良さのひとつは、どんな食事とも合わせられるという所かと思いますが、あまり食べながら飲まないわたしには、実感しにくいところです。

それ以外では、香りの良さ、エレガントさ、繊細さと言ったところでしょうか。

 

7年半熟成とは言え、もう少し熟成させた方が良さそうな雰囲気でしたが、それでも、その芳醇な香りやエレガントさは十分に堪能することができました。

その上、南アフリカのワインはコスパがいいですね。

(おそらく、もう2、3年熟成させれば、コアの旨みも増したと思いますが。)

ぜひ、お試しください。

 

87点

 

 

 

 

| ワイン | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://wine01.jugem.jp/trackback/4143