<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ヴィッラ・フィディリア・ロッソ 2004 (今日のワイン)

JUGEMテーマ:ワイン

 

今日のワインは、

 

スポルトレティ

ヴィッラ・フィディリア・ロッソ 2004

 

このワインのこのヴィンテージ、もう10本くらい飲んでいますが、とうとうこれが最後の1本となりました。

この2004年以外でも、2006年、2008年、2010年も飲んでいて、ストックとして2013年を持っています。

 

ワイン・アドヴォケート誌の評価が、94点で、

飲み頃予想が、2009 – 2024年となっています。

わたしが初めて飲んだのも、2009年のこのときです。

そのころから、すでに十分美味しいワインでしたので、早飲みもできるし、十分に熟成もできる、とてもポテンシャルの高いワインということですね。

 

 

 

 

コルクを抜く際に、ポキッと途中で折れてしまい、コルクカスがいっぱいワインに落ちてしまったので、ザルで漉し、ガラス瓶に移し替えました。

このガラス瓶、ワイン用のデキャンタのようですが、実は、いいちこフラスコボトルの再利用です。

ワインのデキャンタにちょうどいい感じです。

 

 

最初に飲んだ2009年から、10年近い年月が経っていますが、いまでもまだまだ十分に飲み頃です。

むしろ、まだ数年は行けるんじゃないかという感じです。

 

熟して滑らかになったタンニンに、まだ健在な酸、そして15%という高アルコールのボディ感、これらがうまくバランスをとっています。

とげとげしさもなく、枯れた感じまでも至っていない、ちょうどいい飲み頃ワインでした。

 

89点

 

 

 

 

 

| イタリアワイン | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://wine01.jugem.jp/trackback/3922