<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
バルディビエソ シングル・ヴィンヤード カベルネ・ソーヴィニョン 2011 (今日のワイン)

JUGEMテーマ:ワイン

 

今日のワインは、

 

バルディビエソ

シングル・ヴィンヤード カベルネ・ソーヴィニョン 2011

 

バルディビエソといえば、チリの安旨ワインの代表格ですが、このシングル・ヴィンヤードシリーズは、その中でも上級レンジに位置します。

同じシリーズのメルローや、カベルネ・フラン、シャルドネなどとともに、何度か飲んでいるワインです。

 

このボトルは、7年半の熟成という事になりますね。

このワインのポテンシャルを考えると、まだもっと熟成のポテンシャルはあるのではないかと思いますが、十分に飲み頃にもなっているとも思い、開けました。

 

 

 

 

スミレやブルーベリーの香り、カベルネ・ソーヴィニョンらしいです。

一口飲むと、最初は、ガツンとくるボディ感。

まだ、まとまりがなく、尖った印象があります。

 

抜栓して1時間弱、かなりこなれてきました。

 

飲み口は柔らかくなり、奥の方に甘みを感じます。

美味しいです。

誰でも美味しいと感じるんじゃないかと思う、分かりやすい美味しさです。

 

やはり、まだ2、3年、いや5年は熟成のポテンシャルが残っていると思いますが、現時点でも十分に美味しいです。

 

89点

 

 

 

| 南米のワイン | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://wine01.jugem.jp/trackback/3821