<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ラングロワ クレマン・ド・ロワール カドリーユ 2007 (今日のワイン)

JUGEMテーマ:ワイン

 

今日のワインは、

ロワールの

 

ラングロワ・シャトー

クレマン・ド・ロワール カドリーユ 2007

 

ラングロワ・シャトーは、シャンパーニュのボランジェがロワールに所有するメゾンです。

シャンパーニュと同じ瓶内2次発酵で造られ、スタンダード・キュベでも、瓶熟成が2年、この上級キュベの「カドリーユ」は、なんと4年もの間、瓶熟成されるそうです。

 

セパージュは、

シュナン・ブラン 60%

シャルドネ 15%

カベルネ・フラン 15%

ピノ・ノワール 10%

という複雑な品種構成になっています。

 

この銘柄、ちょうど3年ほど前にも同じ2007年ヴィンテージを飲んでいるのですが、まだ早い印象で、十分に実力を発揮できなかった感じがしました

むしろ、ノン・ヴィンテージのスタンダード・キュベの方がその時点での完成度が高かったように思います。

 

それから3年を経過し、どのように変化したでしょうか。

 

 

 

 

 

 

うーん、開けてすぐは、とてもそっけない印象。

香りも味わいも控えめです。

 

3年経っても早かったか、と思いましたが・・・

 

1時間ほど経つと、徐々に頭角を現してきました。

白い花に蜜、バターの香り。

口に含むと、舌の付け根にギュンとくるような酸味と旨みの刺激。

いよいよ本領発揮です。

とにかく、コアの旨みが半端なく主張し、余韻も十分な長さです。

 

3千円ほどのお値段という事で、シャンパーニュならノン・ヴィンテージのスタンダードクラスの価格帯ですが、その味わいは、間違いなくヴィンテージシャンパーニュに匹敵するほど。

これは、すばらしいクレマン・ド・ロワールです。

 

90点

 

 

 

 

 

 

| ワイン | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://wine01.jugem.jp/trackback/3705