<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
濃霧の明石海峡

JUGEMテーマ:

 

今日は、午前中から淡路島に行きました。

最初に、道の駅淡路に行きました。

 

下の写真のように、明石海峡上が濃霧に包まれています。

明石海峡大橋の橋脚の下部が見えません。

淡路島の陸上は全く霧はありません。

海上でも、海峡航路の辺りだけに霧が発生しているように見えます。

 

東側(大阪側)から巨大なクレーンを載せた巨大な船が近づいてきました。

 

かなり巨大な船なのですが、船体上部のクレーンしか見えません。

対岸の舞子の陸地も全く見えません。

ティオ舞子のマンションの上部がときどき見える程度です。

 

対向の船とすれ違っているのか、あるいは漁船や釣り船が海峡航路を横切っているのかわかりませんが、大きな汽笛を頻繁に鳴らしながら、通常よりも、とてもゆっくりと西進していきます。

これだけ見えないと怖いでしょうね。

 

海峡に差し掛かりました。

 

なんとか無事に海峡を抜けたようです。

見ているこっちがヒヤヒヤしました。

 

こんどは西側(播磨灘側)から巨大なタンカーか何かがやってきました。

 

ほとんど見えませんね。

 

霧の中から、突然、ジェノバラインが登場。

 

 

 

この後、昼を過ぎると、すっかり霧も晴れ、対岸までよく見えるようになりました。

 

 

 

 

| 季節 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://wine01.jugem.jp/trackback/3618