<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
焼豚  益生號

JUGEMテーマ:グルメ

 

元町・中華街、その中心にある広場から、少し東に行ったところにある焼豚のお店「益生號」さんです。

 

普通の焼豚(355円/100g)と皮付き焼豚(430円/100g)をいただきました。

 

これが皮付き焼豚。

欲しい量だけ切り分けてくれます。

 

皮付き焼豚は、塩と五香粉で味付けされています。

五香粉というのは、中国の代表的なミックススパイスで、八角、ウイキョウ、桂皮、クローブ、花椒が入っているそうです。

 

こちらは、普通の焼豚。

かわいい子ブタのタレ入れに甘口のタレが入っています。

 

 

 

皮付き焼豚は、皮の食感が、ガリガリ、ザクザクしています。

これが香ばしくて、なかなかに美味しいです。

普通の焼豚は、とても柔らかくてジューシー。

肉自体の旨みは、普通の焼豚の方が美味しいかな。

 

関連ランキング:デリカテッセン | 元町駅(阪神)元町駅(JR)旧居留地・大丸前駅

 

| グルメ | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://wine01.jugem.jp/trackback/3542