<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
高級ワインを化学的にコピー合成する!

JUGEMテーマ:ワイン

 

 

日経ビジネスオンラインにでていた記事ですが、アメリカのベンチャー企業が、原料にブドウを使わず、化学的にワインを合成することを研究しているそうです。

 

それも、単にワインを化学的に合成するというだけでなく、高価な有名ワインの成分を化学的に分析し、その成分の中で香りや味に関与している物質のみを化学合成し、高級ワインを化学的に再現しようという研究だそうです。

 

すでにある程度は成功しており、今年中には出荷にこぎつけたいとのことです。

 

植物材料で作った模造肉や模造魚は、日本でも昔から「擬製料理」として黄檗の普茶料理なんかに取り入れられていますが、いまや、ワインもコピーされる時代になったのですね。

 

恐るべし・・・

 

 

 

 

 

 

| ワイン | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://wine01.jugem.jp/trackback/3215