<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
一番搾り 取手づくり 滋賀づくり 飲み比べ

JUGEMテーマ:ビール

 

先日の「名古屋づくり 福岡づくり」飲み比べに続いての、ご当地一番搾りの飲み比べです。

今回は、「取手づくり」と「滋賀づくり」の飲み比べです。

 

滋賀というと、おそらく首都圏の方には、京都、大阪に比べると、ほとんどなじみがない地域ではないでしょうか。

一方、取手というと、関西では、「え?何県?」という方がほとんどだろうと思います。

そんなマイナー地域(失礼、すみません)のビール飲み比べです。

 

 

 

 

ご当地一番搾りの正面ラベルの右上に、その県のシルエットが印刷されているのですが、唯一、滋賀づくりだけは滋賀県そのものではなく、滋賀県のシンボル「琵琶湖」のシルエットが印刷されています。

 

取手づくり、滋賀づくりともに、原材料は麦芽、ホップのみです。

でも、取手づくりの方が、少し色が濃いですね。

 

 

 

さて、その味わいですが、どちらもコク、苦味、のどごしなど一番搾りらしい美味しさです。

あえてその差を言うなら、取手づくりは、ややスモーキーで甘みがあります。

滋賀づくりは、ホップが効いていて、パンチのある味わいです。

 

今回は、全く互角の戦い。

引き分けかな。

 

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

キリンビール9工場の一番搾り詰め合わせセットK-NJI3【父250】
価格:3078円(税込、送料無料) (2017/5/20時点)

 

 

 

| ビール | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://wine01.jugem.jp/trackback/3198