<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
シャトー・カップ・ド・フォジェール 2009 (今日のワイン)

JUGEMテーマ:ワイン

 

たこ焼きに合うお酒は何かなと思い、ビールは間違い無いのでしょうが、それでは当たり前。

タコは白ワインでしょうね。

でも、たこ焼きにかかっているソースには、赤ワインがあうかなと思い、思い切ってボルドーの赤ワインを開けました。

 

今日のワインは、

 

シャトー・カップ・ド・フォジェール 2009

 

カスティヨン地区のワインです。

グラン・クリュではありませんが、中堅のシャトーといった感じでしょうか。

 

ワイン・アドヴォケート誌の評価によると、

パーカー氏の評価:91点

飲み頃:2012-2022年

となっています。

セパージュは、

メルローが85%、残りがカベルネ・フランとカベルネ・ソーヴィニョンということです。

 

 

 

 

このワインは、2010年ごろにプリムールで購入し、その2年後くらいに届いてから、蝋封して常温保管していたものです。

蝋封していたので、常温保管でもダメージはないかと思いますが、セラーに入れているよりは早く熟成が進んでいることでしょう。

 

 

 

 

グレート・ヴィンテージの2009年だけあって、とても濃いガーネットルビーです。

香りは、皮やカシス、ブルーベリーと言った感じです。

注いですぐは、ちょっと硬い印象もありましたが、30分ほどで開いてきて、とても柔らかく、飲みやすくなってきました。

 

メルロー主体らしいしなやかな酸味に、グレート・ヴィンテージの恩恵か、重厚なタンニンと旨み。

とても美味しいです。

 

で、たこ焼きと合うかどうかという点ですが、ベスト・マリアージュとはいかないまでも、なかなかの相性ではないでしょうか。

やはり、ソースと赤ワインとの相性がいい感じですね。

 

90点

 

 

 

 

 

 

| ボルドー | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://wine01.jugem.jp/trackback/3197