<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
バルディビエソ シングル・ヴィンヤード サグラダ・ファミリア カベルネ・フラン レゼルバ 2009 (今日のワイン)
JUGEMテーマ:ワイン


今日のワインは、

昨年の国別スティルワイン輸入量のトップとなったチリのワイン。

バルディビエソ

シングル・ヴィンヤード サグラダ・ファミリア カベルネ・フラン レゼルバ 2009



2、3年前に買って、ずっと開けるのを我慢して置いていたワインです。

2年ちょっと前に、同じ銘柄の2007年産のメルローを飲んで、価格の割にびっくりするぐらい美味しかったので、このワインにも期待しています。

また、カベルネ・フラン100%というのも、イタリアワインで何銘柄かを知っているくらいで、あまり他には見かけないので、楽しみにしていたのでした。










色は黒に近いガーネット。ものすごく濃い色です。

香りは、カシスやプラムにバニラのニュアンス。

一口飲むと、ああぁ、濃い・・・

あまりのパワフルさにちょっとたじろぎます。

でも、開けて30分余り経つと、味わいが一変して、とても柔らかくまろやかになってきました。

とてもわかりやすい直線的な美味しさ。

これが、チリワインの特長、いや神髄でしょうか、堅苦しくなくて、飲んで素直に美味しいワインです。

単純に、美味しさという点では、その価格対比は限りなく高水準のワインです。

保管場所に余裕があれば、毎ヴィンテージをケース買いして、2、3年熟成してから飲むのがいいですね。

おススメ!
(ただし、現行ヴィンテージでは要熟成)


87点







 
| 南米のワイン | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://wine01.jugem.jp/trackback/2668