<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
レミー・フェブラス シャトーヌフ・デュ・パプ 2011 (今日のワイン)
JUGEMテーマ:ワイン


今日のワインは、

レミー・フェブラス

シャトーヌフ・デュ・パプ 2011



普通、シャトーヌフ・デュ・パプで、ヴィンテージ2011年とは、さすがに若過ぎると思うのですが、実はこのシャトーヌフ、2,000円もしない格安ワインなのです。

格付け、名前はシャトーヌフですが、コート・デュ・ローヌレベルのお値段。

飲み頃も早いかも、ということで開けてみました。











ローヌのグルナッシュらしいイチゴジャムの香りを中心に、華やかな花や果実の香りがあふれます。

一口飲むと、果実味豊かな味わいと、エレガントで繊細なフィネス。

おおぉ、これは美味しいです。

シャトーヌフにしては、とても早熟ですが、確かにコート・デュ・ローヌレベルではない上品な味わい。

これは掘出し物ですね!!

10年、20年待たないと飲めないワインというのも、確かにその飲み頃には素晴らしい味わいですが、すべてのワインがそんなワインなら普段飲むワインがなくなってしまいます。

やはり5年以内くらいで美味しく飲めるワインもないと、普段飲みができないですよね!



87点





 
| ローヌ | comments(2) | trackbacks(0)
コメント
モトックスさんは東大阪なのですね。
わたしも河内出身なので、親近感がわきますね。

東大阪とは沿線が違う北河内ですが。
| 管理人 | 2016/02/01 12:53 AM |
さすが、河内の庶民派?インポーター「モトックス」さん。
目の付けどころがシャープより?シャープですね!(笑)
いつもながら、掘り出し物満載のようです♪
| 地ワイン大好き | 2016/01/31 12:45 AM |
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://wine01.jugem.jp/trackback/2646