<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
青酎 (今日の焼酎)
JUGEMテーマ:焼酎


今日は、「リバー君」の初七日でした。

1週間は早いですね。

まだ、ときどき家の中で、「あれ、どこ行ったかな?」って、一瞬、リバー君を探してしまう時があります。

その次の瞬間、「ああ、もういないんだ・・・」と気づくときがつらいです。



さて、今日の焼酎は、
東京都青ヶ島の焼酎「青酎 池の沢」です。

青ヶ島は、八丈島から船でさらに2時間半ほど南に下ったところにある、人口わずか200人弱の島です。
まさしく絶海の孤島という感じの島で、よくぞこんなところに人が住んでいたものだと感心してしまいます。
一体、どのような経緯で人が住みだしたのでしょうね。
でも、生きている間に、一度は行ってみたい島です。

「青酎」には、造り手の杜氏が何人かいて、それぞれが違う銘柄の「青酎」を造っています。
幻の焼酎と言われる「青酎」の中では、この「池の沢」は、最も製造量が多い「青酎」だそうです。









さつま芋に麦麹を合わせてあるそうですが、麦という感じはあまりしません。

うん、まさしく「芋」という感じの素朴な味わいですが、意外と、さっぱり系で臭みもなく、すっきりした味わいです。

そのあたりが麦麹の特徴なのかもしれません。

南の島だけに、ロック、水割りなどで、暑い季節に合う焼酎ですね。



青ヶ島酒造青酎 池の沢 35度 700ml

青ヶ島酒造青酎 池の沢 35度 700ml
価格:2,674円(税込、送料別)




 
| 焼酎 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://wine01.jugem.jp/trackback/2430