<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
アルベール・ビショー・メイユール ラ・ビシェット リュベロン 2010 (今日のワイン)
JUGEMテーマ:ワイン


今日のワインは、

アルベール・ビショー・メイユール

ラ・ビシェット リュベロン 2010



「アルベール・ビショー」というと、ブルゴーニュのネゴシアンですが、ボジョレ・ヌーボーが有名で、わたしも、それしか飲んだことがありませんでした。

実は、ローヌのワインも造っていたのですね。

リュベロンというのは、南ローヌの比較的新しいアペラシオンです。

あまり飲んだ記憶がありませんね・・・

セパージュは、
グルナッシュ 50%
シラー 50%

とてもブルゴーニュ的なエチケットですが、南ローヌの1,000円ちょっとのお安いワインです。

アルベール・ビショー


リュベロン


グルナッシュ


南ローヌのグルナッシュらしいイチゴジャムのような香りと甘さ、そして、シラーらしい、後口に残るスパイシーさが印象的です。

そういうところは、とても南ローヌ的なのですが、それと同時に、全体を通して、うまくことばにできないのですが、とてもブルゴーニュ的な印象も持ち合わせています。

グルナッシュは、南のピノ・ノワールだと言われることがあるのですが、わたしは、どうもそれには納得していなかったのですが、やはり、ブルゴーニュの造り手が、グルナッシュを使うと、ブルゴーニュ的に上品で繊細な感じになるのですね。驚きです。
(もしかしたら、単にわたしの先入観かもしれませんが)

ひとつは、アルコール度数が13.5%と、南ローヌにしては比較的低めだというのもあるのかもしれません。
ジャナスのヌフパプなんかは、15.5%になりますからね。

南ローヌの濃くてパワフルなワインが苦手な方にも、自然に飲めるワインではないでしょうか。


76点






 
| ローヌ | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://wine01.jugem.jp/trackback/2116