<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
青ヶ島焼酎 青酎 麦 (今日の焼酎)

JUGEMテーマ:焼酎

 

今日の焼酎は、

青ヶ島焼酎の

 

青酎 麦

 

東京都の離島、青ヶ島で造られる青酎と呼ばれる焼酎です。

2年ほど前に芋焼酎の青酎は飲んだことがありますが、麦の青酎は初めてです。

 

 

 

 

麦焼酎というと、クセが無くてあっさりしているイメージです。

芋焼酎や米焼酎に比べると、味も香りも強くなくて控えめなものが多いですね。

 

ところが、この青酎の麦は、とても麦の香りが強いです。

ああ、麦ってこんな香だったんだ、って感じさせられる風味です。

 

そう、美味しいパン屋さんのパンを、温かいうちにかじったときの香りです。

 

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

青ヶ島焼酎 青酎 麦 700ml
価格:1296円(税込、送料別) (2017/5/18時点)

 

 

 

 

| 焼酎 | comments(0) | trackbacks(0)
霧島町蒸留所

JUGEMテーマ:焼酎

 

ここ数日、ちょっとワインを飲み過ぎているので、今日は焼酎にしました・

明治44年創業の老舗の蔵元「霧島町蒸留所」さんです。

 

 

 

 

 

 

ふわーっと、包み込まれるような芋の香り。

さわやかながらコクもあり、それほどクセがなく、誰でも飲める焼酎です。

 

 

 

 

 

 

| 焼酎 | comments(0) | trackbacks(0)
元老院 (今日の焼酎)

JUGEMテーマ:焼酎

 

今日は、焼酎を開けました。

「魔王」で有名な白玉醸造さんの麦と芋の焼酎

 

元老院

 

なにやら特権階級のような名前で、ドラマなんかでは悪徳貴族の印象すらあるネーミングです。

そもそも、「魔王」もそうですが、そういう悪役の匂いがするネーミングが好きな蔵なのかもしれません。

 

 

 

 

 

麦と芋の混醸というのはちょっと珍しいですが、芋の味わいの深みと、麦の軽やかなさわやかさをあわせ持つ焼酎を狙ったのかもしれません。

そうだとすると、その狙いは、完全とはいかないまでも、ある程度は達成されているのではないでしょうか。

何よりも、「魔王」に比べると、圧倒的に安くて手に入りやすく、お手頃焼酎としてはとても優秀だと思います。

 

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【麦・芋焼酎】元老院 25度 720ml
価格:815円(税込、送料別) (2017/5/2時点)

 

 

 

| 焼酎 | comments(0) | trackbacks(0)
京屋酒造 甕雫 (今日の焼酎)

JUGEMテーマ:焼酎

 

今日は、焼酎を開けました。

九州・宮崎県の京屋酒造さんが造る「甕雫」です。

 

「この容器は長期貯蔵には適しておりません・・・・」との記載がありますが、あまり気にしていませんでした。

 

確かに、陶器の甕に入っています。

 

おっ、木のひしゃくが付いています。

このひしゃくで甕からすくうのですね。

 

陶器のふたは、のせているだけの構造になっていて、それをめくると、アルミホイルでふたがしてあります。

 

そのアルミホイルをさらにめくると、ラップしてありました!

え?

「長期保存に適していない」っていうのは、ふたがちゃんとされていないっていう事?

この時点でやっと、その意味を理解しました。

 

木のひしゃくですくってグラスに入れました。

 

ラップやアルミホイルでふたをされていたとはいえ、やはり気密性は保たれていなかったようで、飲んでみると、アルコールが飛んでいる感じです。

本来はアルコール度数は20%となっているのですが、はっきりはわかりませんが、アルコールがとんじゃって、その半分くらいかもしれません。

ひしゃくですくったためかもしれませんが、とても気の風味が強いです。

でも、うーん、アルコールが抜けた焼酎って、こんなに締まりがないんですね。

 

買ってから、しばらく置いていたのが悪いのですね。

ちゃんと、注意書きには気を付けるべきでした・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 焼酎 | comments(0) | trackbacks(0)
まて焼酎 鷹島

JUGEMテーマ:焼酎

 

今日は、ワインではなく、焼酎を開けました。

長崎県の鷹島という島で造られている焼酎「鷹島」です。

この焼酎、「マテバシイ」という、シイノキの近縁の木の実、すなわちドングリの一種で造られた焼酎です。

 

 

 

ドングリで造られたという事で、アクが強かったり、エグミがあったりするのかなと、ちょっと構えて飲みましたが、意外にも、そんなことはなく、とても飲みやすい焼酎でした。

エグミはないけど、ドングリの甘みが感じられます。

ドングリつながりで、イベリコ豚の脂身にも通じる感じの甘みです。

 

水割りかロックで飲むのが美味しい焼酎です。

 

 

 

 

 

 

| 焼酎 | comments(0) | trackbacks(0)
風邪に焼酎お湯割り

JUGEMテーマ:焼酎

 

まだ風邪は完治していないのですが、気持ちよく眠れるよう、飲酒を解禁しました。

と言うのも、昨晩は、飲まなかったせいかはわかりませんが、一晩ほとんど眠れませんでした。

おかげで、今日はつらかったです・・・

 

で、今日は、温まれるように、焼酎のお湯割りです。

普段は、めんどうなので、家ではお湯割りはしないのですが、まぁ、こんなときだからということで試してみました。

 

焼酎は岩倉酒造さんの「月の中」(つきんなか)です。

器は立杭焼(丹波焼)です。

ちょっと胃も弱っているので、やや薄めに、焼酎4、お湯6の比率で作りました(ヨンロクと言うらしいです)。

月の中はアルコール度数が25%なので、この比率だと10%ということになりますね。

 

先に焼酎を注いで、その後からお湯を入れると・・・

ふわーっと香りの成分が気化して甘い香りが広がります。

なるほど、ロックや水割りではこういう感じはないですね。

よく飲んでる月の中ですが、いつもとは違った表情を垣間見られた気がします。

これでぐっすり眠れるかな。

 

さて、明日で12連勤も終了。

仕事をやり残して13連勤にならないよう、がんばりたいものです。

 

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【数量限定】月の中 1800ml
価格:3390円(税込、送料別) (2017/1/26時点)

 

 

 

 

| 焼酎 | comments(0) | trackbacks(0)
今日の焼酎 岩倉酒造場 月の中(つきんなか) 

JUGEMテーマ:焼酎

 

明日は、歯医者さんに行かなければならないので、今日はワインは自粛です。

そういうわけで、焼酎を飲みました。

 

今日の焼酎は、

宮崎県西都市の岩倉酒造場さんが造る

月の中(つきんなか)

 

わたしが飲む芋焼酎の中では、「魔王」と並んで最も多い本数を飲んでいる焼酎です。

(どちらも最近は入手しにくくなりましたが・・・)

 

 

 

 

 

 

芋の素材を活かした香りや味わい。

本来は、お湯割りとかの方が美味しいのかもしれませんが、お湯割りはちょっと面倒なので、ロックで飲んでいます。

やはり、鉄板の美味しさ。

もうちょっと手に入れやすければ、もっと気軽に飲めるのですが。

まぁ、それは家族経営なら仕方ないですね。

 

 

 

 

 

 

| 焼酎 | comments(0) | trackbacks(0)
11月1日は「本格焼酎と泡盛の日」

JUGEMテーマ:焼酎

 

今日、11月1日は「本格焼酎と泡盛の日」だそうです。

制定されたのは昭和62年、ずいぶん古いですね〜

その由来はなんだろうと、ネットで調べると、

11月1日ごろに、その年の焼酎の新酒ができるからという事で、

日本酒造組合中央会が定めたそうです。

なるほど。

 

鹿児島では、こんな楽しそうなイベントなんかもやっているそうです。

いいな〜、行きたいな〜

来年は鹿児島行ってみようかな。

 

さて、今、わたしが飲んでいる焼酎を並べてみました。

いつも何本か同時に開けて、その時の気分で、飲み比べなんかをしています。

 

近々開けようと思っている焼酎はこちら。

芋・麦・米、それぞれの良さがありますよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 焼酎 | comments(0) | trackbacks(0)
希少焼酎3種飲み比べ  天使の誘惑 西酒造

JUGEMテーマ:焼酎

 

希少焼酎3種飲み比べの最後の1本は、

西酒造さんの

天使の誘惑です。

 

西酒造さんというと、

富乃宝山や吉兆宝山で有名な蔵元ですが、この天使の誘惑も希少な焼酎です。

ステンレスタンクで5年間、樫樽で3年間熟成した、8年熟成の焼酎だそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

樫樽で3年間熟成させた効果なのでしょう、ほんのりと、樫樽の色や香り、味わいが現れています。

そのせいか、スコッチ・ウイスキーのような要素もかんじられます。

 

特に尖った要素も感じられないので、15年熟成のお味が効果的に発現しているといった感じでしょうか。

 

 

 

 

| 焼酎 | comments(0) | trackbacks(0)
希少焼酎3種飲み比べ  限定原酒 妻 岩倉酒造

JUGEMテーマ:焼酎

 

希少焼酎3種類の飲み比べ、2本目は「限定原酒 妻」です。

岩倉酒造さんの「妻」という焼酎の原酒なのかと思いきや、

「月の中」の原酒を、さらに熟成させたものという説もあり、

よくわかりません。

とりあえず、飲んでみることにいたしましょう。

 

 

無色透明な液体。

ボトルのデザインは、なかなかスタイリッシュです。

 

 

月の中の一升瓶と並べてみました。

 

 

 

オン・ザ・ロックでいただきます。

アルコール度数が39度というだけあって、なかなかの飲みごたえ。

でも、それほどの高アルコール度数というのを感じさせないまろやかさ。

 

「月の中」は、わたしの大好きな焼酎の一つですが、その原酒というだけあって、

奥深い味わいです。

 

試しに、月の中とも飲み比べてみましたが、

確かに同じ系譜を感じさせる共通点がありますね。

でも、「限定原酒 妻」の方が、熟成期間が長いという事が理由なのかわかりませんが、

より、深い味わいと、落ち着いた雰囲気を感じるような気がします。

(同じ度数に加水して、ブラインドで飲み比べたら、区別できるか自信はありませんが。)

 

 

 

 

 

| 焼酎 | comments(0) | trackbacks(0)
| 1/7PAGES | >>