<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
アジュール舞子の大サバ釣り

JUGEMテーマ:フィッシング

 

今日は、プレミアムフライデー。

だからというわけではないですが、もう久しぶりに仕事を定時で切り上げて、まっすぐ家に帰りました。

そして簡単に夕食を済ませ、家から車で10分弱ほどのところにある、明石海峡大橋の横の海浜公園「アジュール舞子」に行きました。

目的は、最近釣れ出したという「大サバ」釣り。

垂水周辺では数年前からブームになっているそうですが、例年7月前後の1か月間のみ、40cmオーバーの大サバが岸から釣れるのです。

それがメチャクチャ美味しいそうなので、サバ大好きなわたしとしては、「一度食べてみたい!」と思っていたのです。

でも、これを食べるには、自分で釣るしかないのですよね。

で、つい2週間ほど前に、一度チャレンジしたのですが、思いっきり空振り。

全く釣れませんでした。

そして、今日はリベンジ。

 

アジュール舞子に着いたのが、夜7時半くらい。

平日の夜ながら、そこそこの人が釣りをしています。

みなさん、大サバ狙いのもよう。

わたしも、早速、サンマの切り身をエサに浮き釣りを始めました。

 

サバって、群れで回遊しているから、釣れる時はみんな釣れ、釣れないときは誰も釣れません。

しばらくは、みんな沈黙。

でも、30分弱ほど経ったとき、隣の人がサバを釣り上げました。

そして、わたしにも当たりが!

初の大サバか!

なかなかの強い引きとともに上がってきたのは、まぎれもないゴマサバ。

でも、40cmは無いかな。

そして、それを皮切りに、周りでもサバのラッシュ。

 

結局、1時間あまりで6匹のサバを釣りました。

でも、全然、大サバではなく、30cmから大きいものでも40cmは越えませんでした。

周りの人も、今年のサバは小さいなって言っていました。

 

釣ってすぐに、首を折って、氷を入れた海水に漬け、帰る際にエラとワタを取り除きました。

そして、釣り場から数分で家に帰宅。

 

 

 

 

6匹のうち、小さめの3匹はウロコだけ取って、冷蔵庫に。

塩焼きか煮付け要員です。

 

少し大きめの2匹は、2枚におろして一夜干しに。

 

 

30分ほど前には元気に海で泳いでいただけあって、さすがに新鮮ですね。

目がピカピカ!

最近世間を騒がせている「アニサキス」も見当たりません。

すぐに内臓を取り除いたからでしょうね。

 

 

開きます。

サバって、さばくの簡単ですね。

手ごろなサイズだからかな?

釣堀で釣ってきた60cmオーバーのカンパチなんかは、1匹さばくと疲れてしまいます。

 

塩をして。

 

一夜干しします。

 

そして、一番大きな1匹は、刺身用のサクにしました。

 

 

 

うーん、我ながらキレイにさばけた。

 

皮を引いてサクにします。

 

一応、念のためアニサキス対策に、サクは丸1日冷凍してから刺身にすることにします。

明日は、サバづくしです。

 

 

 

 

 

| 釣り | comments(0) | trackbacks(0)
サワラ釣り

JUGEMテーマ:フィッシング

 

淡路島に釣りに行った話ですが、

 

ダメだったという結果だけ先に書いてしまいましたが、

 

その内容です。

 

 

夜明けごろから、淡路島南部の某港から小型の釣り船で海に出ました。

 

 

岸からはそんなに離れていない、磯の沖です。

主にサワラ狙いで、ルアーやエサ(アジ)で釣りをしました。

船中で一番釣った人だけがダントツでいっぱい釣って、他の人はほとんど沈黙。

何が違うんでしょうね?

 

 

台風によるうねりはありましたが、波自体はそれほど高くはなかったです。

 

 

 

 

船全体の結果。

サワラ、サゴシが14匹

メジロ、ハマチが2匹

サワラは最大で5キロ級でした。

 

ちなみに、この中には、わたしと友人の釣った魚は一匹もいません・・・

1人が2匹、船頭が4、5匹。それ以外は全部ひとりの人です。

 

 

あー、がっくし。

一匹くらいくれたらいいのに、と心の中でつぶやきながら、

寂しく帰ってきました。

 

 

 

 

 

| 釣り | comments(0) | trackbacks(0)
お正月用のブリ・マダイ釣り
JUGEMテーマ:フィッシング



今日は、毎年の年末恒例になっている海上釣堀でのブリ・マダイ釣りに行ってきました。

お正月用のブリ・マダイの調達ということで行っているのですが、それには少し早いので、仮に釣れたとしても年内には消費しきってしまうかもしれません。

海上釣堀には姫路港から船で30分ほど。

島の湾内にあるので静かな海です。









さて、結果は・・・

メジロ(ブリの若魚)が1匹だけ。

普通、マダイが1匹も釣れないなんていうことはないのですが、なぜか今日は撃沈。

海上釣堀で1匹しか釣れなかったなんて初めてです・・・

釣れない場合でもマダイ3匹補償なのですが、青物(メジロやカンパチ)を釣ると、それは対象外になります。

でも、おまけでマダイ1匹はくれました。

メジロは60センチ余りで4キロ強でした。丸々と太っています。



早速さばきました。




刺身で食べて美味しいのは、3日目くらいからです。

今日は、3枚におろした残りのアラの部分を、塩焼きやアラ炊きでいただきます。









 
| 釣り | comments(0) | trackbacks(0)
海上釣堀
JUGEMテーマ:フィッシング


この秋最後の3連休の初日の今日、会社の友人たちと、海上釣堀「水宝」に行く予定でした。

そして、早朝6時半ごろに、待ち合わせの姫路港周辺で待っていると、同行の友人M君からメールが届き、何と「寝坊しました。遅れます。」とのこと!

「水宝」には船で行くので、出船時間に遅れると行く手段がありません。

やむを得ず、行先を変えることに。

釣堀用の道具しか持ってきていないので、朝一からでなくても入場できる釣堀を探しました。

選択肢は、淡路の「じゃのひれ」と東かがわの「安戸池」の2択。

どちらにしろ、垂水から淡路に渡るので、とりあえず、垂水まで戻りM君たちと合流。

そして、東かがわの「安戸池」に行くことにしました。

着いたのは、10時ごろ。

午後の部は11時開始なので、先に早めの昼食をとり、11時から釣りはじめました。






これまで、ルアー釣り場の方には3回来ていますが、エサ釣りは初めて。

ルアー釣りでは、3連敗中ですが、エサ釣りならなんとかなるでしょう。


・・・ところがところが、今回も大苦戦。

まわりもあまり連れている様子はなし。

午後2時にハマチを放流するとのことで、それに期待します。

しかし、それも空振りで、敗色濃厚・・・




そして、終了時間近くに、くだんのM君が、なんと大きなマダコをゲット!



いやー、疲れましたが、楽しかったです。

わたし自身は、ここで4連敗ですが。



管理事務所に住み着いているネコ



帰路、淡路南PAの展望台から大鳴門橋を望む









 
| 釣り | comments(0) | trackbacks(0)
再々出撃 ソルトレイクひけた
JUGEMテーマ:フィッシング


今日は、休日出勤の振り替え休で仕事が休みだったので、四国まで釣りに遠征しました。

今年3回目の東かがわ市の安戸池「ソルトレイクひけた」です。

ここは、世界で初めてハマチの養殖を行った海水の池で、今は池全体にカンパチやハマチ、マダイ、ヒラメなどを放して、釣り池になっています。

早朝7時前に着き、7時から釣り開始です。

岸からはルアー釣り、桟橋からはエサ釣りをするようになっています。

今日も懲りずに、岸からルアーでカンパチを狙います。



ルアー釣り場はこんな感じ。



桟橋のエサ釣り場はこんな感じ。



結果は・・・

3回目でも、またしても撃沈、ぼうずです。

ポッパーや、メタルジグ、バイブレーションなどを投げ続けたのですが、かすりもしませんでした。

前回、9月に行ったときは、釣れなかったものの、あちこちでカンパチらしき魚影が小魚を追う姿が見られ、釣れそうな感じがしたのですが、今回は魚たちの活性が低かったのか、そういう気配もありませんでした。

やっぱり、ルアーは難しい・・・(*_*;










 
| 釣り | comments(0) | trackbacks(0)
安戸池 フィッシュフック ソルトレイクひけた
JUGEMテーマ:フィッシング


今日は、仕事が休みだったので、友人と釣りに行きました。

行ったのは、四国・香川県の東かがわ市、「安戸池」です。

ここは、日本で初めてハマチの養殖がされたところで、現在は池全体が釣堀になっています。

桟橋では餌釣り、岸からはルアー釣りができるようになっています。


前回行ったときは、7月の3連休の時で、釣りにならないくらい人がぎっしりいたのですが、今日は平日ということもあり、広いルアー釣り場では、わたしたちを含め釣り人は7人だけでした。

天気が心配されましたが、途中、少し霧雨が降ったものの、ほとんど支障なしでした。

朝7時の釣り開始時には、あちこちの水面でカンパチらしき魚が、バシャバシャとイワシなどの小魚を追う姿が見られました。

これは釣れると思い、メタルジグやポッパーなどを投げ続けるも反応は無し・・・

広い範囲の釣り場を独り占め状態なのに、これはどういうこと!?

ちょっと焦りながらも投げ続けましたが、結局、わたしも友人も当たりすらなく完全ボーズでした。

うーん、こんなにコンディションはいいのに、なすべなくボーズとは・・・

一体どうすれば釣れるのか?

「万策尽きた!!」











 
| 釣り | comments(0) | trackbacks(0)
松帆の浦 & 交流の翼港
JUGEMテーマ:フィッシング


今日は、仕事を休んで、友人と釣りに行きました。

早朝5時に待ち合わせての釣行です。

行先は、明石海峡大橋を渡った淡路島です。

岸からシオ(カンパチの若魚)やメジロ(ブリの2〜3歳魚)を狙おうということで、友人の情報では、「交流の翼港」がいいということでした。

しかし、ネットで調べると、「交流の翼港」は平日は8時にならないとゲートが開かない!

ということで、まずは潮通しの良さそうな「松帆の浦」に行きました。

「松帆の浦」は、明石海峡大橋を渡って、最初のIC「淡路IC」からわずか5分ほどの位置。

わたしの家からでも、わずか15分ほどです。

5月に行って生シラス丼を食べた温泉施設「松帆の郷」の真下です。


ちょうど、恵比寿神社の真ん前の海岸です。



曇天でしたが、橋の上に、うっすらと朝日も見えます。




岸から5〜20mくらいのところで、イワシの群れがパシャパシャと海面をにぎわしていますので、青物、スズキ、ヒラメ、マゴチなどが期待されます。



さて、まずは海岸から、メガバスのリップレスミノーを投げ始めました。
そして、3投目に何か手ごたえ。
重いですが、引かない?

上げてみると、20cm弱のクサフグ。
それも、ただのクサフグではなく、口から30gくらいのメタルジグをぶら下げたクサフグです。
うーん、なんと・・・
これは、さぞかし不自由な生活を送ってきたことでしょう。
メタルジグを取ってあげて、海に帰してあげると、元気に泳いでいきました。

しかし、その後が続かない・・・
ミノーやメタルジグを投げ続けるも当たり無し。

そうこうしているうちに、7時30分ごろになったので、当初の目的地「交流の翼港」に移動することにしました。



「松帆の浦」から車で10分ほどで、すぐに「交流の翼港」に着きました。

4月に、釣りではなく観光で遊びに来た時は、内向きでサビキ釣りのファミリーがいっぱいでしたが、今日はほとんど人がいません。



外向きで、メタルジグを繰り返し投げます。

しかし・・・潮がメチャクチャ速い!

今日は中潮でしたが、それでも半端なく速い!

30〜60gくらいのメタルジグでは、底をとることなど全くできず、あっという間に流されていきます・・・

これは、釣りにならない!?

幸い空いていたので、メタルジグを投げ込むと同時に、潮に流されるのにあわせて歩きながら巻いていく戦法でがんばったのですが、全く当たり無し。
ワームなんかで足元の底を探るも、根魚の気配もなし・・・
おまけに、途中から雨が降り出し、戦意も喪失・・・




うーん、残念ながら、お昼12時ごろに撤退しました。






 
| 釣り | comments(0) | trackbacks(0)
ソルトレイクひけた 安戸池 
JUGEMテーマ:フィッシング


この前の3連休の中日、台風が過ぎた後の日曜日の事です。

職場の友人と、明石海峡大橋、鳴門大橋、小鳴門橋という大きな3つの橋を渡り、東かがわ市にある「安戸池」に行きました。

この池は、水門で海とつながっている海水池で、そこにカンパチやハマチ、マダイが放流されている釣堀になっています。

7時開始となっていて、6時45分ごろに着いたのですが、夏休み最初の3連休ということもあり、すごい人混みで、まともに釣り場所を確保できませんでした・・・
















岸からメタルジグやミノーを投げるルアー釣りです。

でも、いい場所が確保できず、また、隣の人との距離も近いため、しょっちゅうお祭り。

そういうわけで、まともに釣りにならず、結果はボウズでした。

まあ、今回は様子見の釣行だったので良しとしましょう。

他の人達の様子を見ていると、何人かはカンパチを釣っていたようです。

次回は、秋ぐらいの平日を狙ってリベンジしたいと思います。






 
| 釣り | comments(0) | trackbacks(0)
明石海峡大橋の下で釣り
JUGEMテーマ:フィッシング


昨日の事ですが、夕方に散歩がてら、明石海峡大橋の下に釣りに行きました。

毎年、6月から7月にかけて、40cm以上の大サバが釣れるとのことですが、あまり期待せずに行きました。

どちらかというと、釣りよりも気分転換に行ったので、周りの景色を楽しんでいました。












きれいな夕陽を見ることができました。



日が沈んでからは、移情閣(孫文記念館)が夜空に美しく浮かび上がります。




さて、結果ですが、チビチビガッシー1匹と豆アジ1匹でした。

大サバには、やはりまだ少し早かったようです。






 
| 釣り | comments(0) | trackbacks(0)
海上釣堀 水宝
JUGEMテーマ:フィッシング


昨日の事ですが、姫路港から船に乗り、海上釣堀「水宝」に行きました。

家島諸島の坊勢島(ぼうぜしま)の北側の入り江にあります。

姫路港から船で25分ほどで到着です。



入り江にあるので、波はほとんどなく穏やかです。






年末に行って以来の5が月ぶりです。

今回は、職場の友人と3人で行きました。

朝8時開始で12時半ごろまでです。

開始30分は、いわゆるフィーバータイムで、マダイが入れ喰いになります(タナさえ合っていればですが)。

逆に言うと、この30分をライントラブルなんかで、もたもたして逃してしまうと、最悪ボウズという事にもなりかねません。

一応、釣れなかった場合もマダイ3匹はくれますが。


わたしは、マダイをあんまりいっぱい釣っても仕方がないので、その30分間では4、5匹釣れれば十分で、その後に青物を狙います。

ちなみに、青物をかけると走り回って場を乱してしまうので、マダイのフィーバー中は青物は狙わないのが「暗黙の了解」です。


今回は、早々にマダイ5匹を釣り上げてしまったので、マダイフィーバーが終わるまで、のんびりと青物狙いの準備をしました。

マダイはハリス4号(喰い渋れば2号)を使いますが、青物は8号程度を使います。

青物は、活きアジか、生のイワシやサンマなどをエサとして狙います。

わたしは、前日にスーパーで生イワシをいっぱい買ったものを持って行き、これを使いました。

生イワシを1匹がけして投げ込むと、入れてすぐに浮きがピコピコ動きます。

青物だと一気に飲み込むので、おそらくマダイが前歯でかじっているのでしょう。

マダイを追い払うために、一度大きくしゃくりを入れると、しばらくして浮きがいきなり沈み込みました。

しっかり合わせると、サオを絞り込むような強烈な引き、間違いなく青物です。

かなり馬力のある魚で、巻き上げて寄せてきては、ドラグの逆回転で糸が引き出されるといったことを何度か繰り返し、何とかあげたのは70cm近いメジロ(ブリの3歳魚)でした。

かなり引いたので、カンパチかと思いましたがメジロでした。
(ただ、わたしにはカンパチは区別がつきますが、メジロとヒラマサの区別はつかないので、強烈な引きを考えるとヒラマサだったのかもしれません。)

さらにその次も、小ぶりなハマチ(45cmくらい)をあげ、もう青物いいかと思い、次はシマアジを狙うことにしました。

シマアジ用にマダイ仕掛け(ハリス4号)に戻して、エサに団子をつけて投げ込むと、投げた瞬間に浮きが消し込み、合わせると強烈な引き。

なんと、青物3連チャンです。今度も60〜70cm程度のメジロか。

ハリスが細いため強引に引くことができず、周囲の釣り人の仕掛けを巻き込み、途中でリールを巻くことができなくなって、あっけなくハリス切れ・・・

周囲の方、申し訳ありませんでした。でも、マダイ仕掛けで青物がかかると仕方がないです。

結局その後も、シマアジ狙いでマダイを2匹追加。

釣果は、
メジロ1匹
ハマチ1匹
マダイ7匹
でした。

友人は、
1人が、マダイ5匹。
もう一人が、マダイ5匹、シマアジ1匹でした。


ものすごくいい天気で、想定外に焼けてしまいましたが、とても楽しかったです。

また、秋ごろに行きたいと思います。




 
| 釣り | comments(0) | trackbacks(0)
| 1/2PAGES | >>