<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
六甲ビールの「ベイエール」 (今日のビール)

JUGEMテーマ:ビール

 

今日のビールは、

六甲ビールの「ベイエール」です。

 

友人からいただいたものですが、道の駅神戸フルーツ・フラワーパーク大沢にあるファームサーカスと、六甲ビール醸造所のコラボ商品のようです。

地元神戸産の幻の酒米品種「政岡」というお米を副原料で使用しているようです。

「ベイエール」というのは、米のエールという意味なのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

とても美しい黄金色。

そして、IPA的なとても芳醇なフルーツ系の香り。

飲み口も柔らかい口当たりです。

 

ところがところが、後口は、なかなかパンチのある苦味。

 

香りや口当たりはとても柔らかいのに、最後の後口だけは尾を引くような苦味が残ります。

苦味が口に残る中、また一口飲むと、優しい口当たり。

でも、やはり後口は、強烈な苦み。

 

それを延々と繰り返すことになります。

 

なかなか面白い造りですね。

これは意図してそういう風にデザインしたものなのでしょうか。

 

個性的なクラフトビールを造る六甲ビールの中でも、これは特にユニークな味わいです。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ふるさと納税】六甲ビール6種セット(6本)
価格:10000円(税込、送料無料) (2020/8/6時点)


 

 

 

| ビール | comments(0) | -
グランド・キリン IPA (今日のビール)

JUGEMテーマ:ビール

 

生活必需品を買いにスーパーに行った際、ちょっと目についたビールを買ってきました。

 

今日のビールは、

 

 

グランド・キリン IPA

 

キリンが造るIPA(インディア・ペールエール)です。

 

日本で普通に流通しているビールは、ほとんどが下面発酵のピルスナータイプのものですが、IPAは、香りと苦味が強い上面発酵のビールです。

アメリカでもヨーロッパでも、IPAのクラフトビールが大流行していますが、日本でも地方のマイクロ・ブリュアリーで個性的なビールが色々造られ、その中でもIPAも造られるようになってきました。

そして、大手のキリンさんもこんなビールを造る時代になったのですね。

 

 

 

 

 

 

グラスに注いだ瞬間、とてもIPAらしいフルーティーな香りが広がります。

うーん、この香りですよ!

これこそIPA!

さすがキリンさん、押さえるところは押さえていますね。

苦味はそれほど強くありませんが、IPAの入門用として、とても優等生的なIPAです。

 

 

 

 

| ビール | comments(0) | -
青いビール! 網走ビール 流氷ドラフト (今日のビール)

JUGEMテーマ:ビール

 

北海道に住む友人から、ビールをいただきました。

 

網走ビールの「流氷ドラフト」です。

オホーツク海の流氷使用と書いてあります。

 

 

流氷をイメージしたビールなんだろうなって、特に気にすることなくカップに注ぎました。

 

 

ええっ!

青い!!

 

缶を見なおしてみると、

天然色素クチナシで・・・深い青に仕上げました

 

ちょっと驚きながらも、味わってみます。

一口飲むと、ほのかな甘さに柑橘系のさわやかなフレーバー。

なるほど、色でも味わいでも、オホーツク海をイメージしますね。

 

よくできているな〜!

 

奇をてらっただけでなく、美味しいし、

これはお土産には最適ですね。

 

 


 

 

| ビール | comments(0) | -
リヨンのクラフトビール Tom & Co

JUGEMテーマ:ビール

 

リヨン3日目の昼、マイクロ・ブリュアリーとして人気のお店「Tom & Co」に行きました。

 

 

店内に醸造施設があります。

 

持ち帰り用にはボトル売りと量り売りがあります。

 

その場で飲めるバーカウンターもあります。

ここで造られた8種類のビールが飲めます。

 

これはビールの種類の系統図みたいなものでしょうか。

 

わたしは、ボトルを2本買い、夜にアパルトマンの部屋で飲みました。

 

左がIPAの「Sapa」。

アルコール度数が6%
IBUs : 39.2 

EBC : 27

とあります。

 

調べてみると、

IBUsは、苦味の単位

EBC は、色の濃さだそうです。

 

右が「Akaroa」、New-England IPA (Blonde)だそうです。

アルコール度数は6.5%

IBUs : 40 

EBC : 12

とあります。

 

一般的な日本のビールは、IBUsは15〜20程度らしいので、この2本はその倍かそれ以上の苦味という事になります。

 

この2本は、どちらも香りがよく、そしてとても個性的、つまりクセがあります。

好みの分かれるところかもしれませんが、わたしは好きです。

バーカウンターで何種類も飲み比べるのは、とても楽しいでしょうね。

 

関連ランキング:ビアバー | リヨン

 

 

| ビール | comments(0) | -
ふるさと納税 エビスビールとプレミアムエール

JUGEMテーマ:ビール

 

今年も終わりに近づいて来ているので、ふるさと納税の返礼品を物色しています。

 

そんな中、選んだ品のひとつが、「エビスビールとプレミアムエール」の12本セット。

宮城県名取市のふるさと納税です。

 

 

 

早速、プレミアムエールを飲んでみました。

すごい濃い琥珀色です。

華やかな香りに、とてもしっかりした味わい。

美味しいビールです。

 

 

 

 

| ビール | comments(0) | trackbacks(0)
ロンドンのパブ3軒目 お手軽パブ The William Morris

JUGEMテーマ:ビール

 

ロンドン3日目の夜は、2軒のパブをはしごしました。

この日の2軒目は、The William Morrisというお店です。

この日の1軒目に行ったHop Polesの向かいのお店です。

そして、前日に行った ザ・スワン の隣のお店です。

高密度でパブが並んでいますね。

 

このThe William Morrisは、前の2軒に比べると結構大きなお店です。

そして、一番の特徴は「お試しビール」があること!

「お試しビール」とは、月替わりか週替わりかはわかりませんが、地元のクラフトビールが期間限定でお試し価格で飲めるというものです。

普通の大手のビールが1杯4〜7£位するのに比べ、「お試しビール」は何と2.15£(300円ほど)!!

外食の物価のお高いロンドンとしては、破格のお値段です。

 

ホブゴブリンというビールをいただきました。

半信半疑でしたが、確かに2.15£でした。

 

お姉さんに注いでいただきました。

 

こんなお値段でクラフトビールが飲めるなら、誰も大手のビールを頼まないんじゃないかと思うのですが、どうなのでしょうね。

もしかしたら、これは1杯だけとか、暗黙のルールがあるのかもしれません。

その辺りは、よそ者で、かつ言葉の不自由なわたしにはわかりませんでしたが。

 

ほどよい賑わい、ほどよい落ち着き。

とてもいいお店です。

 

 

関連ランキング:パブ | ケンジントン

 

 

| ビール | comments(0) | trackbacks(0)
パブ Hop Poles

JUGEMテーマ:ビール

 

ロンドン3日目の夜は、2軒のパブをはしごしました。

どちらも、ロンドンでの宿泊地、ハマースミスのホテルの近くのお店です。

 

1軒目は、「Hop Poles」です。

パブなので、もちろん午前中は開いてないのですが、朝に散歩していると、朝早くからお店の人が一生懸命に窓ガラスを磨いています。

まじめな人がやっているお店なんだって思っていたので行ってみました。

明るい店内です。

 

ビールをいただきました。

かわいいグラスですね。

ロンドンのパブは、基本はその都度払いです。

ビールはだいたい4〜7£くらいですね。

日本よりは高いです。

ほとんどの方は、食べ物は頼まずにビールだけ飲んでいます。

 

席はあるんですが、立ったまま飲んでいる方も多いです。

その方が、見知らぬ方ともおしゃべりできるしいいのかも。

 

こちらのお店では、1杯だけいただき、次のお店へと移動です。

 

 

関連ランキング:パブ | ケンジントン

 

 

| ビール | comments(0) | trackbacks(0)
ロンドン正統派パブ ザ・スワン

JUGEMテーマ:ビール

 

ロンドン2日目の夜、ホテルまで帰って来てから、一行のみなさんに折角なのでパブに行ってみましょう!、とお声掛けして、各自部屋に戻って10分後にロビー集合ですとお伝えしたのですが、結局、来られたのはお一人だけ。

 

行ったのは、ハマースミス駅の真ん前にある、いかにもロンドン正統派パブというたたずまいのお店「ザ・スワン」です。

 

わたしは英語もろくに話せないので、海外に行ったとき、スーパーでの買い物はなんとかこなせるのですが、飲食店に入るというのは結構勇気がいります。

席に勝手に座っていいのか、案内を待つのかとか、

支払いは席でするのか、レジでするのかとか、

そういう基本的なところも全然わからないですからね。

 

でも、ロンドンのパブは、ネットでの下調べで、キャッシュ・オン・デリバリー(その都度払い)と分かっていたので、比較的安心して入れました。

ビールの種類はすごく多いのですが、イケメンのお兄さんに、適当に選んだサーバーを指さして、ディス・ワン・プリーズと言って、その場で10ポンド札を差し出すと、グラスにビールを注いでくれました。

 

 

 

とりあえず、おつかれさまでした、チアーズ(乾杯)!

窓の外の風景は、夕方くらいの感じですが、軽く午後9時を回っています。

 

 

 

 

 

周りを見渡すと、結構、お一人様客も多いです。

 

 

さて、もう1杯ずつ飲んで、しめるとしましょう。

 

また、明日、がんばります!

 

 

関連ランキング:ビアバー | ケンジントン

 

| ビール | comments(0) | trackbacks(0)
ジョジョっぽいビール

JUGEMテーマ:ビール

 

サボテン山でトゥーソンの素敵な夕焼けを見て、しこたまテキーラを飲んだのですが、ホテルの部屋に帰ってくると、やっぱりビールを飲んでしまいます。

ホテルの近くにあるグローサリーストアで買った缶ビールです。

 

この右の赤い方の缶に描いてある女性、何かすごくジョジョの登場人物っぽくないですか?

 

 

 

 

 

あっという間に、気持ちよく眠りについてしまいました。

 

 

 

 

| ビール | comments(0) | trackbacks(0)
Borderlands Brewing Company

JUGEMテーマ:ビール

 

トゥーソンには地ビールを造っているブリュワリーがたくさんあり、もちろん、それを飲めるお店もいっぱいあります。

「アガベ・フェスティバル」でバカノラを飲んだ後、こちらのお店で地ビールをいっぱいいただきました。

 

ビールは色々種類があるので、おすすめはどれ?、ってお姉さんに聞くと、何種類か試飲させてくれました。

そして、好みのものを選ぶと、グラスになみなみと注いでくれます。

 

にぎわってますね〜

 

 

 

何種類飲んだかな。

アリゾナエールというのが美味しかったです。

 

ドリンク・ローカル!

地産地飲ですね。

 

注いでくれたビールを持って、外に出ると・・・

お店の庭で宴会です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生演奏も始まりました。

 

下の写真の小さい春巻きみたいなものが、このトゥーソン発祥で名物と言われている「チミチャンガ」です。

中にはひき肉やチーズが入っていて、とても美味しいです。

 

そしてもう一つの名物が、このソノラホットドッグ(砂漠ホットドッグ)です。

アメリカのソウルフードであるホットドッグにメキシカンテイストをプラスした感じです。

 

 

 

心地よい夜はふけていきました。

 

関連ランキング:ビアバー | アリゾナ州

 

 

| ビール | comments(0) | trackbacks(0)
| 1/6PAGES | >>