<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
ブランデー × ソーダ × カボス

JUGEMテーマ:ウィスキー・ブランデー

 

家に、カボスがいっぱいあるので、前回のサングリアのカボス・ソーダ割に続き、今度はブランデーを割ってみました。

使ったブランデーは、ゴーティエのナポレオン。

いわゆる5大コニャックのレミー・マルタン、カミュ、ヘネシー、クルボアジェ、マーテルほど有名ではありませんが、かなりの老舗メーカーです。

 

 

 

ブランデーにカボスを入れて、さらにソーダで割るなど、造り手が聞けば卒倒するかもしれませんが、最近は、スコッチでもレモンやライムを入れたハイボールが流行っているそうなので、許していただきたいです。

さすがに、XOクラスならストレートでいただきます。

 

さて、ソーダで割ってカボスを絞るとなると、さわやかさが際立ちます。

コニャック特有の濃厚で芳醇な香りは弱められてしまいますが、このような気軽な飲み方も、消費の裾野を広げるという点ではいいのではないでしょうか。

 

 

 

 

| ブランデー | comments(0) | trackbacks(0)
ゴーティエ ナポレオン (今日のブランデー)

JUGEMテーマ:ウィスキー・ブランデー

 

今夜も暑いですね。

こう暑いと、赤ワインなどは飲む気になれず、最近は焼酎ばかりでした。

でも、昨晩で焼酎のボトルが空いてしまったので、何を開けようか迷いましたが、ちょっと趣向を変えて、ブランデーを開けることにしました。

 

今日のブランデーは、

ゴーティエ・ナポレオン

 

このボトル、いつから我が家にあるのか、どういう経緯で手に入れたのか、もう定かではありません。

 

 

 

栓を抜こうとすると、コルク部分がポキッといってしまいました。

でも、あわてずコークスクリューを差し込んで抜くと、きれいに開栓できました。

 

まずは、ロックでいただきました。

XOクラスの芳醇さはありませんが、コニャックらしい甘く濃厚な芳香。

 

次に、邪道かなと思いつつ、暑いので炭酸水で割ってみました。

うーん・・・

まずくはないですが、コニャックの色々な要素をすべて消し去ってしまった感じ。

さすがにコレはダメ。

炭酸割りはもっと安価な酒ですべきですね。

ブランデーならVOくらい、サントリーのウイスキーならホワイトか角瓶くらいまでですね。

 

ということで、2杯目からは水割りでいただきました。

(こんな暑い夜でなければ、ストレートでいただきましょう。)

 

 

 

 

 

 

 

 

| ブランデー | comments(0) | trackbacks(0)
ブランデーのハイボール


最近、家飲みでは、開けられるワインがないため(飲み頃がずっと先のものばかりです)、焼酎やウイスキー、ブランデーを飲むことが多いです。

安いウイスキーは、ハイボールにして楽しむことが多いのですが、今回は、安いブランデーをハイボールのように炭酸割りにしてみました。

サントリーの「ブランデー VO」です。







元々お手軽なブランデーなので、高級コニャックのように芳醇な香りとはいかないのですが、やはりハイボールにすると、香りはよくわからなくなってしまいます。

でも、飲み口スッキリで、とても飲みやすいです。

このブランデーのハイボールに、さらに果物(果汁)を入れると、「ブランデー・スプリッツァー」というカクテルになるそうです。
オレンジやグレープフルーツなどの柑橘系が、よりさわやかになりそうで合いそうですね。







 
| ブランデー | comments(0) | trackbacks(0)
サントリー ブランデー VSOP


今日は、ワインでもウイスキーでもなく、ブランデーを開けました。

レミー・マルタンやカミュのXOとかナポレオンではなく、ちょっと安いですが、サントリーのVSOPです。

ブランデー

昔、「ブランデー、水で割ったらアメリカン」というサントリーのCMがありましたが、その通りの水割りです。

VSOP

美しい琥珀色。
芳醇で濃厚なタイプではなく、すっきりした味わいですが、飲み飽きしない気軽に飲める味わいです。






 
| ブランデー | comments(0) | trackbacks(0)
| 1/1PAGES |