<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
サルタナレーズン

JUGEMテーマ:ワイン

 

最近、ワインを飲むときのアテにしているのが、これ。

 

トルコ産

サルタナレーズン

 

 

 

 

 

 

少し酸味のあるレーズンです。

赤ワインにも、白ワインにも、スパークリングにもよく合います。

 

ワインは、ブドウからできているのだから当たり前かもしれませんが。

 

日本酒を飲みながら、おにぎりを食べるのと一緒かな?

ビールを飲みながら、パンを食べるのと一緒かな?

(ビールは大麦か・・・)

いや、ちょっと違いますよね。

 

 

 

 

 

| ワイン | comments(0) | trackbacks(0)
白ワイン ブラインドテイスティング (今日のワイン教室) 

JUGEMテーマ:ワイン

 

今日はワイン教室でした。

今年度は半分くらいしか行けてないのですが、何とか今日は出席です。

 

今日のテーマは、白ワインのブラインドテイスティング。

産地とブドウ品種を当てるものです。

 

まず1杯目は、

フレッシュで、フルーティーで、甘い香り。

まずシャルドネではないと思いました。

でもセミヨンによくあるような有機溶剤的な香りは無く・・・

結論は、ソーヴィニョン・ブランの比率の高い、若いボルドー。

 

2杯目は、

樽の香りが満載。

樽の香りが強すぎて、他の香りが採りにくいです。

酸味は強くないですが、それなりの厚み。

ナッツの感じやオイリーさはあまりなく、ムルソーやモンラッシェ系ではないブルゴーニュのどこかのプルミエ・クリュと予想。

 

 

さて、結果です。

1杯目。

ラングドックのシャルドネ、ヴィンテージは2016年。

うーん、これがシャルドネ?

全く分かりませんでした。

チリのシャルドネと言われれば納得するかもしれませんが、ラングドックなら、こんな感じなのでしょうか。

 

 

2杯目。

ドメーヌ・ド・バロナーク

なんと、これもラングドックのシャルドネ、ヴィンテージは2014年。

確かに酸味が弱く、本当にブルゴーニュかなと思う点はありましたが、ラングドックでこんなシャルドネがつくられているのですね。

驚きです。

 

 

本日のお料理。

鶏の胸肉の低温蒸し、ゴマと生クリームのソースかけ。

 

 

美味しい・・・

低温で蒸すことによって、ふわっとした食感にしあがった胸肉に、濃厚で旨みたっぷりのソース。

絶品です。

 

ブラインドの結果は散々でしたが、美味しいお料理をいただけて満足です。

 

 

 

 

| ワイン | comments(0) | trackbacks(0)
2005年ヴィンテージ 水平飲み比べ

JUGEMテーマ:ワイン

 

明日の夜に開ける、「年越しワイン」を何にしようか、ワインを物色して出てきたのが、2005年ヴィンテージの5本。

 

シャトー・シャス・スプリーン 2005(ボルドー・ムーリー:カベルネ・ソーヴィニョン&メルロー)

クラブ・レアルタンザ レゼルバ 2005(スペイン・リオハ:テンプラニーリョ)

エルミタージュ キュベ・エミリー 2005(ローヌ・エルミタージュ:シラー)

サン・ジュスト・ア・レンテナーノ ペルカルロ 2005(イタリア・トスカーナ:サンジョベーゼ)

モンテス・パープル・エンジェル 2005(チリ・コルチャグアヴァレー:カルネメール)

 

産地もブドウ品種もまちまちの5本です。

この中から、明日の「年越しワイン」を選ぶとして、その後も、1本ずつ開けていって、水平飲み比べをしてみたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ペルカルロ[2012]サンジュスト・ア・レンテンナーノ
価格:7430円(税込、送料別) (2017/12/31時点)

 

 

 

 

| ワイン | comments(0) | trackbacks(0)
2018年初売りセール お年玉福袋 うきうきワインの玉手箱 ラインナップ発表!!

JUGEMテーマ:ワイン

 

 

待ちに待った「うきうきワインの玉手箱」さんの「2018年初売りセール お年玉福袋」のラインナップが発表されました。

最近は毎年、年末年始はコレを楽しみにしています。

 

今回も、1万円のお手軽な福袋から、200万円という高額な福袋まで用意されています。

 

系統としては、

ボルドー

ブルゴーニュ

イタリア

その他赤

白ワイン

シャンパーニュ

と、大体こんなところでしょうか。

 

1万円の福袋は数も多いので、すぐに売り切れることはありませんが、3万円〜5万円くらいのもの、特にシャンパーニュは、1分ももたずに瞬殺されることも多いです。

 

わたしは、昨年は3万円のシャンパーニュ福袋(いわゆるクリスタル福袋)と、1万円4本の白ワイン福袋を買いました。

どちらも中身としては非常に満足しています。

去年の中身は、上記にリンクを貼っていますので、気になる方はご覧ください。

 

さて、今回のラインナップ、気になるものを挙げていきたいと思います。

 

まずは「1万円福袋」

 

「辛口赤ワイン3本セット Aセット」

その内容は、「高級格付ボルドー(格付第2級)が必ず1本(楽天内6,500円(税抜)以上で推移(2017/12/29現在)入っている!残り2本も高級格付赤ワインやそれに準ずる高級ボルドーが入った大盤振る舞いの究極ボルドー福袋!絶対に損はさせません!

一番ベーシックな、いわゆるボルドー福袋です。

特別に魅かれる部分もないけど、決して損もしない、入門者向けのヤツです。

 

 

「辛口赤ワイン3本セット Cセット」

全て高級右岸ボルドー3本!サンテミリオン第一特別級が必ず1本!さらに高級サンテミリオンが1本!(これだけで十分元が取れる)残り1本も高級赤ワイン(メルロー主体)が必ず入っている!右岸愛好家垂涎の究極福袋!」

これは、なかなか自分では買えないサンテミリオン第一特別級が入っているんですよね。

 

 

「フルボディ辛口赤ワイン3本セット」

パーカー氏驚異の95点獲得の究極格付赤ワイン、楽天内8,500円以上で推移(2017/12/29現在)が必ず1本(これだけで十分、元が取れる)!残りの2本も高級フルボディ赤ワインが入っている。

今回も、やはりカテナ・サパータでしょうか。

 

 

「辛口白ワイン3本セット【Bセット】」

ブルゴーニュ三大高級白ワインである高級シャサーニュ1級または、高級ムルソー1級が必ず1本!残りの2本も素晴らしい究極高級白ワインが入っている!当店にお任せください!」

これも気になります。

 

 

次に「3万円福袋」

 

「究極辛口赤ワイン3本セット【Bセット】」

某有名ワイン評論家100点満点!高級フルボディ赤ワインが必ず1本!残りの2本も高級フルボディ辛口赤ワインを詰め込みます!」

でました、100点満点評価のワインです。パーカー氏の評価だとすれば銘柄が絞られますが、何でしょうね。また、予想していきたいと思います。

 

 

「究極イタリア3本セット」

高級オルネッライアが必ず1本!さらに最高級イタリア赤ワインが1本!(この2本だけで楽天内30000円以上2017/12/29現在)残りの1本も素晴らしい高級イタリア赤ワインが入っている。大盤振る舞いの超高級イタリアワイン福袋!

これも毎年ある、お得な福袋ですね。1本は例のアレでしょう。

 

 

 

そして、「シャンパーニュ福袋」

 

「1万円de超希少シャンパーニュ4本セット」

当店にお任せ下さい!高級シャンパーニュを詰め込みます!絶対に損はさせません!

まあ、1万円でシャンパーニュ4本ならば、どう転んでも損にはなりませんね。

 

 

「3万円de超希少シャンパーニュ3本セット【Aセット】」

高級シャンパーニュが1本とパイパー・エドシック・レア・ヴィンテージ(超グレートV.T2002年)、またはゴッセ最高峰セレブリス・ロゼが必ず1本入っている。残り1本も高級シャンパーニュが入っている。

わたしの購入候補のひとつです。

 

 

「3万円de超希少シャンパーニュ4本セット【Bセット】」

超有名シャンパンとテタンジェの最高峰コント・ド・シャンパーニュが各1本ずつ必ず入っている。残り3本も高級シャンパーニュが入っている。

わたしの購入候補のひとつです。

超有名シャンパンというのは、いわゆる「ドンペリ」ですね。

 

 

「3万円de超希少シャンパーニュ3本セット【Cセット】」

当店にお任せ下さい!高級シャンパーニュ3本を詰め込みます!」

ノーヒント!

この枠は、去年までは「クリスタル福袋」だったのに、「クリスタル」が十分に入荷しなかったのでしょうか。

 

 

 

ちなみに、「100万円福袋」は、

世界最高峰造り手で、ブルゴーニュ最高峰造り手の2番目の高級赤の以下、すべて5本セット!しかもすべて最新ヴィンテージで大人気ヴィンテージ[2014]年もの!2番目の高級赤(モノポール)(楽天内40.5万〜45万円前後 2017/12/29現在)が1本、リシュブール(楽天内30万前後 2017/12/29現在)が1本、ロマネ・サン・ヴィヴァン(楽天内28万以上2017/12/29現在)が1本、グラン・エシェゾー(楽天内26万円前後 2017/12/29現在)が1本、エシェゾー(楽天内22.8万円〜25.8万円以上 2017/12/29現在)が1本の(5本の合計が楽天内150万円前後 2017/12/29現在)の究極スペシャル5本福袋。

2番目の高級赤は、「ラ・ターシュ」ですね。

 

 

そして、「200万円福袋」は、2種類

ブルゴーニュ最高峰!ずばり世界最高峰赤ワイン!本命ロマネ・コンティの人気ヴィンテージ(蔵出し品)が1本!残りも人気ヴィンテージの2番目のワインが1本、リシュブールが1本、ロマネ・サン・ヴィヴァンが1本!グラン・エシェゾーが1本!エシェゾーが1本!コルトンが1本の計7本が入った!今年2018年は大奮発!楽天内でも最安値で総額360万円以上(2017/12/29現在)全て蔵出し品!まさに世界最高峰の究極福袋がお年玉限定特別特価!
・本命の最高峰赤ワイン(モノポール)
・2番目の超高級赤ワイン(モノポール)
・ロマネ・サン・ヴィヴァン・グラン・クリュ
・リシュブール・グラン・クリュ
・グラン・エシェゾー・グラン・クリュ
・エシェゾー・グラン・クリュ
・コルトン・グラン・クリュ  」

 

 

ブルゴーニュ最高峰!ずばり世界最高峰赤ワイン!本命ロマネ・コンティの2014年(蔵出し品)(楽天内198万以上 2017/12/29現在)が1本!残りは全て2014年ものの2番目のワインが1本、リシュブールが1本、ロマネ・サン・ヴィヴァンが1本!グラン・エシェゾーが1本!エシェゾーが1本の計6本が入った!楽天内でも総額350万円以上(2017/12/29現在)全て蔵出し品!まさに世界最高峰の究極福袋がお年玉限定特別特価!
・本命の最高峰赤ワイン(モノポール)[2014]年
・2番目の超高級赤ワイン(モノポール)[2014]年
・ロマネ・サン・ヴィヴァン・グラン・クリュ[2014]年
・リシュブール・グラン・クリュ[2014]年
・グラン・エシェゾー・グラン・クリュ[2014]年
・エシェゾー・グラン・クリュ[2014]年
   」

 

 

 

いやあ、今回もすごいですね。

さあ、何を買うかな。

 

 

 

 

 

 

| ワイン | comments(0) | trackbacks(0)
ビーニャス・デ・ガイン 2007 3日目

JUGEMテーマ:ワイン

 

アルタディのビーニャス・デ・ガイン 2007を開けて3日目。

少し残っていたので、ピカピカに洗ったバカラのワイングラスに注いでみました。

 

 

バカラのクリスタルだからといって、味わいは変わりませんね。

 

3日目なので、ずいぶんと落ち着いた風味になり、逆に香りは落ちてきているので、差し引き同じくらいといったところでしょうか。

 

 

 

 

| ワイン | comments(0) | trackbacks(0)
バカラ クリスタル

JUGEMテーマ:ワイン

 

先日買ったバカラのブルゴーニュ・グラスを洗いました。

そして、ついでに水屋(食器棚)の中にあるバカラのグラスも洗うことにしました。

 

クリスタルって、手入れせずに置いておくと白く曇ってしまうんですよね。

 

こんなふうに曇っています。

 

洗いました。

 

 

 

 

 

ピカピカ

 

マッセナもピカピカ

 

アルクールもピカピカになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

| ワイン | comments(0) | trackbacks(0)
ワイン福袋

JUGEMテーマ:ワイン

 

毎年、わたしの新年の楽しみの一つに、「うきうきワイン」さんのワイン福袋があります。

年が明けると同時に争奪戦が始まり、人気の福袋は数十秒で瞬殺され売り切れてしまいます。

今年の新年には、一番人気のクリスタル入りのシャンパーニュ福袋をゲットしました

 

もう何年も続けて買っています。

今までには、サッシカイアやオルネライアが入ったイタリア福袋や、ブルゴーニュのグラン・クリュ入り福袋ムルソーなどの白ワイン福袋、などなどを買っています。

 

いつも、損をしない充実の内容でした。

 

ことしも、もう半月ほどで終わり、うきうき福袋の時期を迎えます。

さあ、今年は何を買おうかな。

やっぱり、シャンパーニュかな。

 

さて、まだ12月ですが、楽天ではワイン福袋が続々とラインナップされています。

 

こちらは、毎年恒例のウメムラさんの福袋

21,600円から540,000円までの充実のラインナップ。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

2018年 新春福袋(あ) 6本
価格:21600円(税込、送料別) (2017/12/17時点)

 

 

こちらは、セラー専科さんのシャンパーニュ2本とスプマンテ1本の福袋

シャンパーニュが2本入って、送料無料で5,400円ってお買い得!!

 

 

 

このセラー専科さんの福袋は、普段飲みに最適ですね。

買おうかな。

 

 

 

 

| ワイン | comments(0) | trackbacks(0)
赤ワイン ブラインド・テイスティング (今日のワイン教室)

JUGEMテーマ:ワイン

 

今日は、今年最後のワイン教室でした。

テーマは、赤ワインのブラインド・テイスティング。

 

2種類の赤ワインをブラインドで飲んで、産地や品種を当てるというものです。

 

さて、色を比べると、左のワインはやや赤っぽく、右のワインは紫色で縁の部分がレンガ色になっています。

 

飲み比べてみます。

 

左のワインは、香りは土っぽくて少しの樽香もあります。これはメルローっぽい感じですね。

飲んでみると、あ、甘い・・・。

産地はラングドック・ルーションでしょう。

 

右のワインは、バニラ的な樽の香りに、腐葉土っぽい感じ、それにブルーベリーやリコリスといった果実の香り。

香りだけで、ボルドーのカベルネ・ソーヴィニョンと予想。

飲んでみると、ああ、まさしくボルドーです。

 

さて、結果は、

右がラングドックのジェラール・ベルトランが造るメルローです。

左はマルゴー・アペラシオンのセグラ。ローザン・セグラのセカンドですね。

 

大正解です。

でも、これはとてもわかりやすかったです。

 

 

 

今日のお料理は、ミートローフ?

ボルドーにとてもよくあって、美味しかったです!

 

ワイン教室の皆さん、今年はこれでお別れですね。

よいお年を!

 

 

 

 

 

 

| ワイン | comments(0) | trackbacks(0)
トルブレック ザ・ピクト 2005 (今日のワイン)

JUGEMテーマ:ワイン

 

今日のワインは、大物です。

オーストラリアのバロッサ・ヴァレーのワイン

 

トルブレック

ザ・ピクト 2005

 

オーストラリアでは、ローヌ系の品種も多く造られていますが、このトルブレックは、特にローヌ系品種に特化したワイナリーで、2千円程度のデイリーワインから、2万円を越えるフラッグシップ・ワインまで、様々なレンジのワインが造られています。

 

そのトルブレックの筆頭は、シラーで造られる「ラン・リグ」、グルナッシュで造られる「レ・ザミ」、そしてマタロ(ムールヴェードル)で造られるこの「ザ・ピクト」です。

 

ワイン・アドヴォケート誌によると、

評価:96点

飲み頃:2013年〜2020年

品種:ムールヴェードル 100%

となっています。

(評価者:リサ.P.ブラウン)

 

実は、このボトルを開けるまで、恥ずかしながら、この「ザ・ピクト」もシラーで造られていると思い込んでいました。

しかし、グラスに注ぐと、シラーのような黒に近い色ではなく、もう少し明るいガーネットだったので、よくボトルを見ると「マタロ」との表記がありました。

危ない危ない、誤解したまま飲んでしまうところでした。

 

 

 

 

 

 

ムールヴェードルというと、濃厚で、動物的な香りがする印象ですが、

やはりこのワインも、ローヌらしいスパイシーさに加え、動物的な感じがあります。

さらに、チョコレートやコーヒーの香りも混じった印象です。

 

味わいは、やや各要素がまとまりきっていない感じがありますが、コアの濃厚な旨みとまったりとしたアフターの甘さが印象的です。

飲み頃的にはちょうどピークぐらいのはずなのですが、

まとまりきっていない印象から、もしかしたらまだ早かったのかも、

そして、やや酸化した印象もあるので、逆にピークを過ぎているのかも、

うーん、結局、どちらなのかわかりませんでした。

 

あと1本持っているはずなので、それは、もう2年ほど置いてみるつもりです。

 

89点

 

 

 

 

 

 

 

| ワイン | comments(0) | trackbacks(0)
フェアヴュー シャルドネ 2014 (今日のワイン)

JUGEMテーマ:ワイン

 

鳥取・島根旅行中に飲んだワインです。

 

フェアヴュー シャルドネ 2014

 

南アフリカのシャルドネです。

なぜこれを選んだかというと、「スクリューキャップだから」という理由です。

手軽に開けられるというのは、外出先で飲むには重要な要素ですね。

 

 

 

 

さすがに2014年なので、まだ若いです。

フレッシュなブーケがあふれてきます。

 

果実味、酸味は豊かですが、まだ熟成が十分ではなく、やや落ち着きのない印象。

ポテンシャル的には、まだ向上しそうな雰囲気です。

 

78点

 

 

 

 

| ワイン | comments(0) | trackbacks(0)
| 1/83PAGES | >>