<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
フィンカ・ラ・セリア ラ・コンスルタ レゼルバ マルベック 2012 (今日のワイン)

JUGEMテーマ:ワイン

 

今日のワインは、

南米アルゼンチンのワイン

 

フィンカ・ラ・セリア

ラ・コンスルタ レゼルバ マルベック 2012

 

半年ほど前にも飲んだワインです。

半年前に飲んだ印象は、ピークを過ぎているという感じだったので、夏を迎える前に飲んでしまわなきゃと思い、あまり期待せずに開けました。

 

 

 

 

 

 

さて、結論から言うと、半年前に飲んだモノとは、全くの別モノでした。

それも悪い方に別モノというわけではありません。

 

半年前に飲んだ時はピークを過ぎている感じでしたが、今回は、ボトルの状態が良かったのか、まさに飲み頃そのもの!

 

プラム、プルーン、カシスといった風味。

やや控えめな酸味、豊富なタンニン、まだフレッシュ感の残る果実味、そして、濃厚なコアの旨み。

なかなかの凝縮感に、各要素が調和したバランスで、この価格帯とは思えない味わいでした。

 

86点

 

 

 

 

 

 

| 南米のワイン | comments(0) | trackbacks(0)
ヴァルディヴィエソ シングル・ヴィンヤード ピノ・ノワール 2011 (今日のワイン)

JUGEMテーマ:ワイン

 

今日のワインは、

南米・チリのヴァルディヴィエソが造る、

 

シングル・ヴィンヤード ピノ・ノワール 2011

 

南半球のチリ産なので、ちょうど6年間の熟成ということになります。

南米産のピノ・ノワールって、飲み頃が難しいんですよね。

5千円クラスでは、コノスルの「オシオ」なんかは長熟ですし、でも、同じくらいのレンジの「エル」は早飲みでした。

このワインもどうかなと思いながら開けたのでした。

 

 

 

 

 

色は、ピノ・ノワールとしては、やや濃い色合い。

香りは、プラムやチェリーと行ったところでしょうか。

 

一口飲むと、かなりの凝縮感。

飲みにくいほどの存在感です。

うわぁ、開けるの早すぎた!!

かなりのポテンシャルは感じますが、硬いというのとは違う、拒絶感を感じます。

(うーん、ぴったりくる言葉が見つからない・・・)

 

でも、1時間余り経過し、さらに、ワイン単体ではなく、

あてにチーズを食べながら飲むと、急にしっくりきた飲み口。

おぉお、美味しい!

 

もう2年ほど熟成させれば、さらに大成したかもしれません。

 

86点

 

 

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

コノスル ピノノワール オシオ 2013 750ml 赤ワイン チリ あす楽
価格:5914円(税込、送料別) (2017/3/19時点)

 

 

 

 

| 南米のワイン | comments(0) | trackbacks(0)
フィンカ・ラ・セリア ラ・コンスルタ レゼルバ トロンテス 2012 (今日のワイン)

JUGEMテーマ:ワイン

 

今日のワインは、

フィンカ・ラ・セリア

ラ・コンスルタ レゼルバ トロンテス 2012

 

昨年の10月にも飲んだワインですが、その優れたコスパのため、何本かまとめて追加で買っていたのです。

 

実は、料理(鶏の煮込み)に白ワインが1カップ必要になったため、ちょっともったいないと思いながらも開けて、料理に使った残りを飲んだものです。

 

 

 

昨年の10月から4か月ほどしかたっていないので、当たり前かもしれませんが、相変わらず、このお値段としては驚きの、高いレベルでバランスが取れたワインです。

 

さすがに、いいブルゴーニュの白ワインのようなボリューム感やふくよかさはありませんが、酸味、甘み、果実味、旨みのバランスがいいですね。

 

82点

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ラコンスルタ レゼルバ トロンテス 白 750ml
価格:1026円(税込、送料別) (2017/2/22時点)

 

 

| 南米のワイン | comments(0) | trackbacks(0)
ヴェンティスケーロ エル ピノ・ノワール 2010 (今日のワイン)

JUGEMテーマ:ワイン

 

今日のワインは、

南米・チリのヴェンティスケーロが造る、ピノ・ノワールのフラッグシップワイン

 

エル 2010

 

カサブランカ・ヴァレーのピノ・ノワール100%で造られています。

 

ニール・マーティン氏による評価は、87点。

飲み頃は2013〜2017年となっています。

フラッグシップワインの割には、高くない評価ですね。

 

 

 

2010年ヴィンテージという比較的若いワインながら、ニール・マーティン氏が示す飲み頃が2017年までという事なので開けました。

さて、開けてグラスに注ぐと、ピノ・ノワールにしてはやや濃い色合い。

香りは、プラムやラズベリーといった感じです。

 

一口飲むと、とても綺麗な酸味が印象的です。

そして、その後に、コアの旨みが追いかけてきて、最後には長い余韻が残ります。

開栓して、いきなり全開の味わいですね。

 

確かに、まさに飲み頃。

でも、87点というのは、ちょっと厳しすぎるのではないでしょうか。

ワイン評論家の評価とは別に、素性の良さを感じさせてくれる味わいです。

 

90点

 

 

 

 

 

 

| 南米のワイン | comments(0) | trackbacks(0)
フィンカ・ラ・セリア ラ・コンスルタ レゼルバ カベルネ・ソーヴィニョン 2012 (今日のワイン)

JUGEMテーマ:ワイン

 

今日のワインは、

フィンカ・ラ・セリアがつくる

 

ラ・コンスルタ

レゼルバ カベルネ・ソーヴィニョン 2012

 

昨年の10月にも飲んだワインですが、年が明けたので、2本目を飲んでみることにいたしました。

 

 

 

前回飲んでから、まだ3か月も経っていません。

さすがに、それほど変わりはないでしょうね。

 

色は黒に近いガーネット。

香りはブルーベリーにカシス、それに樽由来のヴァニラの風味も混じります。

 

やはり、よく言えばチリのワインらしからぬ、バランスのとれたワインです。

チリワインらしい凝縮感も持ちつつ、果実味の豊かさ、酸味、タンニン、それぞれの要素が調和した印象です。

2012年ヴィンテージという事なので、まだ5年弱の熟成で、それなりに若いはずですが、結構な熟成感。

おすすめワインです。

 

83点

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ラコンスルタ レゼルバ カベルネ・ソーヴィニヨン 赤 750ml
価格:1026円(税込、送料別) (2017/1/10時点)

 

 

 

| 南米のワイン | comments(0) | trackbacks(0)
モランデ リミテッド・エディション カベルネ・フラン 2010 (今日のワイン)

JUGEMテーマ:ワイン

 

今日のワインは、

先日の福袋の1本、

チリ・マイポヴァレーの

 

モランデ

リミテッド・エディション カベルネ・フラン 2010

 

福袋の8本の中では、一応、これが目玉の1本だったようです。

珍しいカベルネ・フラン100%のワインです。

有名なところでは「パレオ・ロッソ」がありますね。このときに飲みましたが、酔っていたせいか、ほとんど印象が残っていません

印象に残っているのが、以前に飲んだアメリカ・ワシントン州のカベルネ・フラン100%のワインです。それはとても素晴らしかったです。

さて、このモランデはどうでしょうか。

 

 

 

 

 

色は濃いですが、赤よりも紫色が強いです。

香りは、カシスなどの果実の香りに混じって、やはり、ピーマン的な青い香りが入っています。

これがカベルネ・フランの特徴の一つなんでしょうね。

さらに、時間が経ってくると、チョコレートの風味も現れてきました。

 

さて、味わいですが、チリ産にありがちな濃厚一辺倒という感じではなく、アルコール分、酸味、タンニンなどのバランスがしっかりしているように思います。

一方で、品種の特徴のためか、結構、個性もあって、なかなかに楽しめます。

少し早かった気もしますが、そんなに硬いわけでもなく、今飲んでも美味しいレベルです。

 

82点

 

 

 

 

 

| 南米のワイン | comments(0) | trackbacks(0)
フィンカ・ラ・セリア ラ・コンスルタ レゼルバ カベルネ・ソーヴィニョン 2012 (今日のワイン)

JUGEMテーマ:ワイン

 

今日のワインは、

フィンカ・ラ・セリアのラ・コンスルタの3本目、

 

レゼルバ カベルネ・ソーヴィニョン 2012

 

 

 

 

 

 

 

色は黒に近いガーネット。

香りはブルーベリーにカシス、そしてミント的な感じ、さらに樽由来かヴィニラの風味も混じります。

 

マルベックは甘みがあって、濃厚で、酸味がなかったのに対し、このカベルネ・ソーヴィニョンは、適度な酸味に、豊富なタンニン、そしてコアの旨みも感じられます。

 

マルベックの方が、アルゼンチンらしさを感じるワインでしたが、少しピークを過ぎていたのに対し、現時点では、このカベルネ・ソーヴィニョンの方が、よりバランスのとれたワインであり、まだもう少し熟成のポテンシャルを持っているように思います。

 

82点

 

 

 

 

 

| 南米のワイン | comments(0) | trackbacks(0)
フィンカ・ラ・セリア ラ・コンスルタ レゼルバ マルベック 2012 (今日のワイン)

JUGEMテーマ:ワイン

 

今日のワインは、

フィンカ・ラ・セリアが造るラ・コンスルタのシリーズの2本目、

 

レゼルバ マルベック 2012

 

 

ラ・コンスルタのシリーズの中でも、このマルベックだけがワイン・アドヴォケート誌の評価の対象になっています。

評価者は、ルイス・グティエレス氏で、その内容は、

評価:87点

飲み頃:2014年-2014年

となっています。

うーん、飲み頃は2014年の1年限りなのでしょうか。

 

 

 

色は、アルゼンチンのマルベックらしく、とても濃いガーネット。

香りは、プラムやドライフルーツ系です。

 

一口飲むと・・・

なるほど、ちょっとピークは過ぎているかも。

酸味が少ないので、余計にそう思うのかもしれません。

とても濃厚な味わいながら、酸が弱いため、やや締まりのない印象。

 

ただ、飲み続けていると、濃厚な果実味やボリューム感に押されて、あまり細かいことは気にならなくなってきます。

 

ややピークは過ぎているものの、酸以外の要素は健在で、まだまだ十分に楽しめるワインです。

むしろ、このお値段なら、優秀なコスパと言えるのではないでしょうか。

 

もし、好みに合わなかったとしても、圧倒的なタンニン量があり、牛肉の煮込みなどの料理用としても、その能力を十分に発揮してくれるでしょう。

 

81点

 

 

そう言えば、昨日のトロンテスは点を付けていなかったですね。

トロンテス 

86点 

です。

 

 

 

 

 

| 南米のワイン | comments(0) | trackbacks(0)
フィンカ・ラ・セリア ラ・コンスルタ レゼルバ トロンテス 2012 (今日のワイン)

JUGEMテーマ:ワイン

 

楽天市場で、わたしの好きなアルゼンチンワインが、「限定お試し価格」600円で売られているのを見つけました。

他の店を見てみると、1,200円〜1,400円程度で売られているので、半額ほどという事になります。

物は試しに、マルベック、カベルネ・ソーヴィニョン、トロンテスの3種類を買ってみました。

 

 

そして、今日のワインは、その中の1本、

アルゼンチンのフィンカ・ラ・セリアが造る、

 

ラ・コンスルタ レゼルバ トロンテス 2012

 

フィンカ・ラ・セリアと言えば、もう8年前ですが、わたしが初めて飲んだアルゼンチンのワインでした。

その驚きのコスパに驚愕したのを今でも憶えています。

そのワイナリーが造る別系統のワインですね。

 

でも、トロンテスというブドウ品種、全くなじみがありませんが、ネットで調べてみると、

赤のマルベックに続く、アルゼンチンにおける白ワインの戦略品種のようです。

 

このブログで検索してみると、

5年前にこのお店で、一度だけ飲んだことがありました

全く憶えていませんでしたが・・・

 

 

 

色は淡いクリーム色。

8年前に飲んだシャルドネに比べると、ずいぶん淡い色です。

香りは、モモ、パイナップルといったトロピカルな雰囲気です。

きっと、フルーティーながら、ボリューム感はないんだろうな、

って思いながら一口飲むと・・・

 

えっ?!

 

意表を突かれるバランスの良さ。

確かにフルーティーですが、決して軽すぎもせず、尖った感じもなく、酸味、甘み、果実味、旨みがとてもいいバランスを取っています。

美味しい!

これが600円とは、掘出し物だ!!

 

ということで、売り切れる前に速攻で追加購入をいたしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

| 南米のワイン | comments(0) | trackbacks(0)
ブラジルワイン! ブラジリアン・レジェンド カポイエラ 2013 (今日のワイン)

JUGEMテーマ:ワイン

 

リオデジャネイロ・オリンピック、盛り上がっていますね。

特に、女子レスリングの快進撃が目立ちましたが、

そんな中、吉田選手が惜しくも決勝で敗れ、銀メダルとなりました。

 

そのコメントを聞いていると、主将としての重責や、国民からの期待、

想像を絶するようなプレッシャーがあったのでしょうね。

 

銀メダルでも十分すごいと思いますが、そもそも、これまで3連覇しているという事が並大抵のことではありません。

それだけに、「負けられない」という思いが強くのしかかったのでしょう。

 

でも、その吉田選手の後姿を見て育った選手たちが、今回は多くの金メダルを取りました。

その選手たちをここまで引っ張ってきたという事だけでも、充分に胸を張れることだと思います。

 

いまは、ただただ、ゆっくりと休んでいただけたらと思います。

 

 

さて、珍しいブラジルワインを見つけたので、オリンピックのニュースでも見ながら飲もうと、買って開けてみました。

 

今日のワインは、

 

ミオーロ ブラジリアン・レジェンド 

カポイエラ カベルネ・ソーヴィニョン メルロー 2013

 

南米のワインは、

アルゼンチン産、チリ産は、これまでにも多くのものを飲んでいますが、

ブラジル産は初めてですね。

 

 

 

 

 

 

まだ、2013年と若いですが、

やはりフレッシュな果実味にあふれています。

 

チェリー系の香りに、透明感のある酸味、軽めの味わいですが、なんとなく情熱的な雰囲気です。

 

同じラテン系という事で、スペインワインと似た雰囲気があるように思います。

 

オリンピックももうあとわずかですが、選手の皆さんには、最後まで、楽しんで、楽しんで、

そして、少し、がんばって欲しいものです。

 

71点

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

| 南米のワイン | comments(0) | trackbacks(0)
| 1/4PAGES | >>