<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ラ・クロワ・ド・ボーカイユ 2005 (今日のワイン)

JUGEMテーマ:ワイン

 

今日のワインは、

ラ・クロワ・ド・ボーカイユ 2005

 

ボルドー・サンジュリアンのグラン・クリュ、スーパーセカンドのセカンドラベルです。

セカンドラベルとは言え、デュクリュ・ボーカイユのセカンド、それもグレート・ヴィンテージの2005年なので、2007年に購入して以来、10年間保存していたボトルです。

同じ2005年のスーパーセカンドのセカンドラベルでは、このワインのライバルともいえる「クロ・デュ・マルキ 2005」も持っているのですが、こちらを開けるのは、もう少し先になりそうです。

 

パーカー氏の評価は、91点。

飲み頃は、2008年〜2021年となっています。

(ちなみに、「クロ・デュ・マルキ 2005」の飲み頃は、2011年〜2028年)

 

 

コルクも熟成されたのでしょうか、なにかテカっています。

 

 

 

開けたとたんに広がる、プラムやカシスなどのエレガントな香り。

うわぁ、これは美味しいに違いない! と思って、一口飲むと・・・

 

あれ?

何か、そっけない。

 

香りは素晴らしいのに、中身が伴っていない、ちょっと空洞感があります。

 

まだ早過ぎたのか、逆に峠を過ぎたのか、それともこれが実力なのか?

判別がつきません。

 

2005年らしい凝縮感が全くなく・・・

でも、鏡を見ると、舌が真っ黒に!

タンニン量は豊富にあるようです。

 

そして、

疑問に思いながらゆっくり飲んでいると、

2時間ぐらい経って、大きな変化が現れてきました。

 

空虚に感じていたコアの部分に、突然現れたボディ感や旨み。

(ステルスですか?)

 

結論から言うと、少し開けるのが早かったのかもしれません。

これなら、クロ・デュ・マルキの方は、もう4、5年くらい置いた方がいいのかもしれませんね。

 

88点

 

 

 

 

 

 

| ボルドー | comments(2) | trackbacks(0)
シャトー・メイネイ 2008 (今日のワイン)

JUGEMテーマ:ワイン

 

今日のワインは、

ボルドー・サンテステフのワイン、

 

シャトー・メイネイ 2008

 

うきうきワイン玉手箱さんの春のワイン福袋に入っていた1本です。

ワイン・アドヴォケート誌のパーカー氏によると、

評 価:85点

飲み頃:2009-2029年

となっています。

 

 

 

 

 

 

ブルーベリーにカシス、それに熟成よるものなのか、

ドライフルーツ系の香りがします。

 

21人の香りがします。

 

そして、うちのワインに与えると。

 

 

 

 

86点

 

 

 

 

| ボルドー | comments(0) | trackbacks(0)
レリタージュ・ド・シャス・スプリーン 2009 (今日のワイン)

JUGEMテーマ:ワイン

 

今日のワインは、

 

レリタージュ・ド・シャス・スプリーン 2009

 

シャス・スプリーンのセカンド・ラベルです。

2年弱前にも飲んだワインで、そのときはとても硬かったため、もう2年ぐらい熟成させておこう、という事で、寝かしていたワインです。

 

 

 

ボルドーらしい、カシスやブルーベリーの香り。

味わいも、2年前の印象に比べると、熟成が進み、ずいぶん柔らかくなりました。

セカンド・ラベルですし、スケール感はありませんが、酸、タンニン、旨みのバランスがとれていて、とても飲みやすく仕上がっています。

 

もしかしたら、まだ、熟成のポテンシャルは残っているかもしれませんが、現時点でも十分美味しく、楽しませてくれました。

 

85点

 

 

 

| ボルドー | comments(0) | trackbacks(0)
シャトー・トゥール・サン・ボネ 2009 (今日のワイン)

JUGEMテーマ:ワイン

 

今日のワインは、

ボルドー・メドックのクリュ・ブルジョア

 

シャトー・トゥール・サン・ボネ 2009

 

ボルドーワインの中では、お安いワインに入るかと思いますが、ロバート・パーカー氏のお気に入りワインということで知られているシャトーです。

本当は、もう少し熟成させておきたかったのですが、飲み頃のワインがあまり無いのと、2009年ヴィンテージのボルドーは結構本数があるので、試しに開けてみようということもあって、開けたものです。

 

ワインアドヴォケート誌では、

パーカー氏の評価が88点。

一方のニール・マーティン氏の評価は90点。

パーカー氏の評価の方が高い場合は、凝縮系ワインの場合が多く、ニール・マーティン氏の評価の方が高い場合は、クラシックな造りのワインである場合が多いです。

 

 

 

このワインのこのヴィンテージは、3本目です。

だいたい、1年に1本ずつ飲んできて、3本買ったので、これで最後となりました。

 

2009年らしく、濃い色です。

香りは、ブルーベリーやカシスといった、典型的なボルドーの香り。

でも、味わいはグレートヴィンテージ的な強い凝縮感は全く感じられず、むしろクラシックな造りの印象です。

やはりニール・マーティン氏の方が評価が高いワインの特長ですね。

 

さて、熟成具合ですが、現時点では、まだ熟成感はでていないようです。

十分に飲める状態ではありますが、本領発揮はもう少し先だったかもしれません。

 

 

83点

 

 

 

 

 

| ボルドー | comments(0) | trackbacks(0)
ワイン教室最終回 ボルドー グラン・クリュ ワイン会

JUGEMテーマ:ワイン

 

今日は、今年度のワイン教室最終回でした。

毎年、最終回はボルドー・メドックのグラン・クリュが出ることになっているので、この日だけは欠席できません。

今年度は、今日を含めて4回しか出席できませんでしたが、何とか今日は参加することができました。

 

まずは、1本目。

ピュイスガン・サンテ・ミリオンのシャトー・デ・ローレ 2012

柔らかくてしなやかながら、後口のタンニンが結構強いです。

まだ、若いですものね。

 

そして2本目はグラン・クリュです。

この5本のグラン・クリュを各班の代表者がじゃんけんで取り合います。

クレール・ミロン 2012

デミライユ 2011

ラ・トゥール・カルネ 2009

ダルマイヤック 2008

カマンサック 2007

そして我が班の代表のAさんは、見事1番に勝ち抜きました。

「クレール・ミロン 2012」と「ラ・トゥール・カルネ 2009」で迷いましたが、さすがに2012年は若過ぎると思い、「ラ・トゥール・カルネ 2009」を選択。

 

 

 

さすが2009年。なんとも濃厚です。

でも、その分、長熟なんでしょうね。

香りはものすごく良かったのですが、ちょっとまだ硬くてなかなか開いてくれませんでした。

1、2時間かけてゆっくり飲めばもっと開いてくれたかもしれませんが。

でも、ポテンシャルは高そうです。

 

あわせたお料理はこちら。

牛肉の赤ワイン煮。

うーん、素晴らしい!!

 

 

今年度はあまり参加できませんでしたが、来年度はがんばろう!!

 

 

 

 

 

| ボルドー | comments(0) | trackbacks(0)
シャトー・セネジャック 2009 (今日のワイン)

JUGEMテーマ:ワイン

 

今日のワインは、

シャトー・セネジャック 2009

 

オー・メドックのブルジョワ級のワインです。

 

セパージュは、

カベルネ・ソーヴィニョン 60%

メルロー 20%

残り20%は、カベルネ・フランとプティ・ヴェルドです。

 

この2009年ヴィンテージは、グレート・ヴィンテージである2009年の恩恵を最大限に生かし切った出来で、ワイン・アドヴォケート誌の評価では、このクラスのワインとしては、驚異の93点を獲得しています。

ちなみに、その飲み頃は、2012年〜2022年となっていて、今、まさに飲み頃の中心時期ですね。

 

 

 

 

色は、濃いガーネット・ルビー。

香りは、ブルーベリーやカシスといった黒系果実の要素が強いです。

 

カベルネ・ソーヴィニョン主体だし、まだちょっと硬いかなという予想もありましたが、まさに飲み頃の味わい。

思いのほか、しなやかな柔軟さを感じる味わいで、もっとメルロー比率が高いかのような印象を受けます。

果実味、酸味、タンニン、ボディ感、すべてのバランスがバッチリです。

 

90点

 

4、5本くらいまとめ買いをしたので、まだ2、3本は残っているはずですが、1年置きくらいに飲んで、その味わいの変化を確認してみたいです。

 

 

 

 

| ボルドー | comments(0) | trackbacks(0)
年越しワイン シャトー・ポンテ・カネ 2004

JUGEMテーマ:ワイン

 

昨夜、大晦日の夜のワイン、すなわち年越しワインは、

 

シャトー・ポンテ・カネ 2004

 

ボルドー・メドックのポイヤック・アペラシオンに属するグラン・クリュ5級のワインです。

5級と言いながらも、近年は1級の5大シャトーを凌駕する年も多く、もはやスーパーセカンドの仲間入りをしたのではないかと思われるシャトーです。

わたしが持っているボルドーワインの中でも、最も多くのヴィンテージを持っているワインで、2003、2004、2005、2008、2009、2010、2011年の7ヴィンテージを持っています。

その中で、最初に開けたのが、この2004年です。

 

ワイン・アドヴォケート誌では、

パーカー氏の評価が90+点、ニール・マーティン氏の評価が92点となっています。

このヴィンテージの次の2005年から、ポンテ・カネの快進撃が始まることになります。

飲み頃は、2016年から2040年ということで、やっと飲み頃になり始めたという事でしょうか。

 

 

カシスやブルーベリーといった典型的なボルドーワインの香りに、熟成によるものか、干し肉やドライフルーツの香りも混じります。

年越しワインとして開けたので、今夜は2日目ということになります。

昨夜は、香りは良かったのですが、やや閉じ気味で、硬質なタンニンが前に出ていました。

2日目の今夜は、香りはやや控えめになりましたが、親しみやすさがぐっとでてきて、かつ、コアの旨みが十分に発揮されている感じです。

さすがの美味しさです。

強いヴィンテージではない2004年ですが、風格さえ漂う雰囲気をまとっています。

 

92点

 

 

グレート・ヴィンテージの2003年や2005年は、もうちょっと置いておいた方が良さそうですね。

 

 

 

 

| ボルドー | comments(0) | trackbacks(0)
シャトー・デ・ゼラン 2005 (今日のワイン)

JUGEMテーマ:ワイン

 

今日のワインは、

マルゴー・アペラシオンの

 

シャトー・デ・ゼラン 2005

 

このワイン、ボルドー1級シャトーの「シャトー・マルゴー」の隣にある畑のブドウで造られているそうです。

「有名ワインの〇〇の畑の隣のブドウ畑のワインです!!」という宣伝文句って、かなり多いですね。

でも、道1本隔てた隣って、土壌も違えば、日照条件も違うし、斜度や水はけも違いますよね。

だから、隣の畑でも、全く別の品質のワイン、っていう事が多いです。

 

でも、このワインは、その造り手も、「シャトー・マルゴー」の醸造長を3代続けた家系だそうです。

 

それと、今から7年以上前ですが、このワインの2004年ヴィンテージを「ワイバーン」さんで飲んで、とても美味しかったという経験の裏打ちがあります。

しかも、その2004年よりも数段上のヴィンテージである2005年。

なので、相当の期待値で、このワインを開けました。

 

このボトルは、自分で蝋封して保存していました。

 

ブスっとソムリエナイフのコークスクリューを突き刺して、グリグリと開けました。

 

 

 

2005年らしく、とても濃い色。

そして、濃厚なカシスやブルーベリーの香りです。

 

一口飲んでみると・・・

意外と、それほどの凝縮感はなく、すっきりした飲み口。

華やかで繊細なバランスが、マルゴー・アペラシオンらしいですが、2005年ヴィンテージらしい濃厚な凝縮感はありません。

 

でも、これが「シャトー・マルゴー」歴代の醸造長の家系のこだわりなのかもしれません。

 

濃厚な2005年を期待したら、ちょっと予想外かもしれませんが、これもそれなりの世界観で、美味しいワインです。

 

88点

 

 

 

 

 

| ボルドー | comments(0) | trackbacks(0)
ボルドー赤ワイン 飲み比べ (ワイン教室)

JUGEMテーマ:ワイン

 

昨日は、今年の5月以来、じつに半年ぶりにワイン教室に行くことができました。

わたしが行けなかった間、「クロ・デユ・マルキ」や「ドメーヌ・バロナーク」、「エール・ダルジャン」といった高級ワインが提供されていたそうです・・・

 

で、今回のテーマは、

ボルドーの赤ワイン飲み比べ。

2種類のボルドーワインが、ブラインドで供されて、それぞれ、カベルネ主体かメルロー主体か、さらに2種のうちどちらが高級ワインか、といったことを当てるという趣向でした。

これが実に難しい!

どちらもタンニンが強く、メルロー主体のような、カベルネ主体のような・・・

 

結果は、1つは「レオヴィル・ラスカーズ」のサードワイン「ル・プティ・リオン」。

1つは、サンテミリオン衛星地区の「シャトー・ド・ロレ」。

どちらもヴィンテージは2012年でした。

わたしの予想は、ことごとく正反対・・・

すべて外れでした(*_*)

うーん、難しい。

 

あわせたお料理は、牛肉の赤ワインソース添え

隠し味にお好み焼きソースと醤油を加えた、このソースが絶品です。

 

 

 

 

 

 

 

 

| ボルドー | comments(0) | trackbacks(0)
プピーユ 2005 (今日のワイン)

JUGEMテーマ:ワイン

 

今日のワインは、

コート・ド・カスティヨンのメルロー 100%のワイン。


プピーユ 2005

 

3年半ほど前にも飲んだワインです。

そのときは、若過ぎて、硬すぎて、全くその本質にたどり着けませんでしたが、それなりの熟成を経て、どう変わったでしょうか。

 

 

 

 

 

 

やや控えめな香りですが、スミレ、ブルーベリー、カシスといった要素。

一口飲むと、やや甘みを感じる濃厚な味わい。

さすがに3年半ほど前の強烈な収斂味はありません。

 

しかし、まだ、熟成感はほとんどありません。

やっと飲みごろに差し掛かったというレベルでしょうか。

まだ、その実力の半分強を味わえたぐらいだと思います。

 

グラン・クリュとか、クリュ・ブルジョアとか、そういう格付けとは無縁のワインですが、それなりに高い評価を得ています。

さすがのポテンシャルという感じです。

もうあと3年は熟成させた方が良かったようです。

 

現時点では

84点

 

ちなみに、ボトルの最後は、下の写真のような、尋常でない澱の量でした。

 

 

 

 

 

 

| ボルドー | comments(0) | trackbacks(0)
| 1/9PAGES | >>