<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
日御碕神社

JUGEMテーマ:神社仏閣

 

日御碕の少し手前にある「日御碕神社」です。

徳川家光が再建したという朱塗りの社殿が鮮やかです。

立派な神社ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 建物 | comments(0) | trackbacks(0)
旧ハッサム邸のライトアップ

JUGEMテーマ:気になる建物

 

相楽園の「にわのあかり2017光と闇をあいたのしむ」ですが、日が暮れ徐々に暗くなってきました。

 

 

「旧小寺家厩舎」(重要文化財)

 

 

 

この中にはアートな作品が展示してありました。

 

 

 

 

 

 

そして「旧ハッサム邸」(重要文化財)

戦後に北野からこちらに移築された洋館です。

 

 

 

 

 

 

 

重厚な階段です。

 

 

 

 

 

浴槽は意外と普通?

 

 

 

 

いよいよ暗くなってきました。

 

(つづく)

 

 

 

 

| 建物 | comments(0) | trackbacks(0)
移情閣(孫文記念館)と明石海峡大橋

JUGEMテーマ:気になる建物

 

今日は、昼間は暑かったので、夕方になってから愛犬を連れ散歩に行きました。

明石海峡大橋の傍にある移情閣(孫文記念館)の辺りを、のんびりうろうろしました。

土曜日という事もあり、釣りをしている家族連れが多いです。

もう、10数年ほど前のことですが、先代ワンコのもえころちゃんを海辺で散歩させていた時に、落ちていた釣り針をくわえ、それが口に刺さり抜けなくなって、慌てて獣医さんに連れて行ったことがありました。

なので、足元には注意しての散歩です。

 

移情閣のすぐ近くには旧武藤山治邸もあります。

 

こちらは、おしゃれな海辺のホテル「セトレ」

 

 

気持ちのいい夕べでした。

 

 

 

 

 

| 建物 | comments(0) | trackbacks(0)
湊川神社と日本最古のオリーブの樹

JUGEMテーマ:神社仏閣

 

湊川神社に行きました。

生田神社、長田神社とともに、神戸三社のひとつとされています。

ほかの二社に比べると、創建はずいぶん新しく、明治5年とのことだそうです。

 

 

 

日本最古のオリーブの樹

明治6年に日本に持ち込まれ、神戸植物試験場に植えられたものか、明治11年に三田育種場神戸支園に植えられたものかの、どちらかのもので、明治末期に、ここ湊川神社に移植されたそうです。

同時に日本に持ち込まれたもののうち、現存が確認されているのは、加古川市にあるものだけだそうです。

 

 

 

フジが満開。

 

 

 

境内にはお稲荷さんもあります。

 

お稲荷さんには提灯がいっぱい。

 

立派な本殿です。

 

天井画は、福田眉仙による「大青竜」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 建物 | comments(0) | trackbacks(0)
宇治 天ケ瀬ダム

JUGEMテーマ:気になる建物

 

宇治橋のたもとで、「たまき亭」さんのパンを朝ご飯に食べた後、周辺を散策しました。

 

 

見事な銀杏の木

 

宇治川沿いに登っていくと、

 

吊り橋がありました。

 

 

うーん、ここから天ケ瀬ダムもそんなに遠くない?

折角だから歩いていこうか、って事になり、小学校の遠足以来の天ケ瀬ダムをめざしました。

 

 

なんか、かっこいい橋がある。

 

まだ開通していない橋で、工事の作業員らしき人が歩いています。

 

「白虹橋」という橋で、国内5橋目の「自碇式PC吊床版橋」という方式の橋だそうです。

美しい橋ですね。

 

そして、いよいよ天ケ瀬ダムがその姿を現しました。

でも、ここから道は急な登りになるんですよね。

 

 

 

 

トンネル工事をやっています。

でも、人や車が通るトンネルではなく、水路トンネルのようですね。

 

 

 

どんどん登っていきます。

11月なのに、汗をかきました。

 

 

 

 

 

やっと、ダムの管理事務所に!

 

ダムカードをもらいました。

集めたくなりますね、ダムカード。

 

ダム上部の管理用通路。

 

小学生以来の天ケ瀬ダムです。

子供の頃は、ものすごく大きいダムという印象があったのですが、今、こうやって見ると、日本のダムの中では、決して大きい方ではないですね。

 

秋空に渓谷が映えます。

 

 

 

ダム湖には「鳳凰湖」という名が付けられています。

平等院鳳凰堂からついたでしょうか?

 

 

 

ダムの上から真下をのぞきこむと・・・

 

 

 

ダムの右岸側の端には、こんな扉が。

いったい中はどうなっているのかな?

 

 

 

ほんとうに、気持ちのいい日でした。

 

さて、また歩いて降ります。

かっこいい橋まで来ました。

この周辺は、バス釣りの人がいっぱいいます。

宇治川って、バス釣りのメッカなんでしょうか?

 

さらに、降りてきました。

時間も10時を回り、観光客も増えてきました。

 

 

 

 

鵜飼を観覧する屋形船ですね。

 

十三重の塔

 

 

 

川沿いを歩いていると、平等院鳳凰堂を外からのぞけるスポットがありました。

ちょっと得した気分?

 

 

 

 

| 建物 | comments(0) | trackbacks(0)
国宝 一乗寺 三重塔 

JUGEMテーマ:神社仏閣

 

前から一度行きたいと思っていた加西の一乗寺に行きました。

一帯は紅葉の名所だそうです。確かにモミジがいっぱい。

 

この一乗寺も法道仙人の開基だそうです。

東播地方にはすごく多いですね。

昨年から法道仙人の開基のお寺ばかり行っているような気がします。

 

入り口で拝観料(500円)を納めます。

 

神木って感じですね。

 

 

ものすごく急な石段。

 

最初にお出迎えしてくれるのが常行堂です。

 

さらに石段を上ると、

国宝 三重塔

1171年(平安時代)建立の塔で、国内でも屈指の古塔だそうです。

 

うーん、神々しいですね。

 

 

さらに上ると、重文の本堂があります。

1628年の再建だそうです。

 

鐘楼

 

立派な鐘楼ですが、本堂から見下ろすと梵鐘が見えます。

鐘楼の大きさに比べると、意外と梵鐘は小さいような。

 

本堂から見下ろした三重塔。

見る角度が変わると、また趣も変わります。

 

 

 

本堂内部

 

帰りは、ネコちゃんがお見送りしてくれました。

 

健康そうなネコちゃんです。

 

あと、1か月半ほどすれば、紅葉の見ごろなのでしょうね。

そのころには人であふれているかもしれません。

 

 

| 建物 | comments(0) | trackbacks(0)
天満橋と八軒家浜

JUGEMテーマ:気になる建物

 

今日は、土曜日ですが、仕事で大阪・天満橋まで行きました。

仕事の前に少し時間があったので、周囲を散歩しました。

 

天満橋

 

 

 

 

 

 

 

八軒家浜

 

 

 

 

 

 

 

それにしても、暑い一日でした。

 

 

| 建物 | comments(0) | trackbacks(0)
鹿野山 朝光寺

JUGEMテーマ:神社仏閣

 

 

最近、東播地方の社寺を見て回ることが多いのですが、

 

法道仙人が開基したと言われるお寺がとても多いです。

 

伽耶院

光明寺

播州清水寺

如意寺

石峯寺

など、これら、わたしが最近行ったお寺は、 すべて法道仙人が開基したものです。

 

仙人という事ですが、一体、どんな人だったのでしょうね。

 

 

 

 

林の中にあるお寺です。

 

 

いきなり、国宝の本堂に行きつきました。

 

 

 

 

駐車場から行くと、本堂の裏側に着いてしまいましたが、表に回ると、立派な威容です。

 

 

本堂の中は、静謐な空間。

 

 

 

 

 

 

本当は、こっちが正面ですね。

仁王門です。

 

 

 

 

鐘楼(重要文化財)

 

 

多宝塔

 

 

 

仁王門の前を階段を下ると、川に出ます。

(この階段、苔がびっしり生えているので、雨の後などは滑りそうなので注意です)

 

 

 

 

つくばねの滝

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 建物 | comments(0) | trackbacks(0)
あいな里山公園 (国営明石海峡公園神戸地区)
JUGEMテーマ:イベント情報


明石海峡をはさんで、淡路島側と神戸市側の双方に、国営明石海峡公園の構想があり、淡路島側が先行して供用されていたのですが、今日、神戸市側の国営明石海峡公園神戸地区、愛称「あいな里山公園」がオープンし、記念式典がありました。

朝からは、国や県市のお偉いさん方が集まって、セレモニーがなされていたようで、一般公開は12時からでした。

もっと混雑するかと覚悟していたのですが、これも予想外の雨天のせいかもしれませんが、思いのほか、すいていました。


茅葺の古民家が、何棟か移築されています。






趣がありますね。







トイレも、それなりの雰囲気の建物になっています。








里山の棚田



どこかの女子大生風のお嬢様たちが、イネを手植えしていました。







こちらは早乙女の衣装の団体です。



メイン会場では、オープニングイベントのトークショー。
鉄道好きのバラエティーアイドル(?)、斉藤雪乃さんもおられました。




あいにくのお天気でしたが、なつかしの里山の農村風景という雰囲気で良かったです。







 
| 建物 | comments(0) | trackbacks(0)
五峰山 光明寺
JUGEMテーマ:神社仏閣


播磨中央公園ですばらしいバラ園を見た後、そのすぐ近くにある「光明寺」に行きました。


五峰山 光明寺


このお寺も、法道仙人の開基だそうです。
やはり、東播地域に集中していますね。

また、「太平記のふるさと」と看板にあるように、足利尊氏の時代に、歴史の表舞台になったそうです。
わたしは、知りませんでしたが、ここを舞台に「光明寺合戦」という戦があったとのことです



参拝者用の駐車場自体、結構、標高の高いところにあるのですが、ここからさらに歩いて登っていきます。



まずは、手水と地蔵堂。



かなりの斜度の道が続きます。
播磨中央公園の中を2時間近く散策した後の身体には、結構こたえます・・・






塔頭がありました。
多聞寺という塔頭です。
わたしの家の近くのお寺と同じ名前です。



多聞寺の中には毘沙門堂があります。






さらに進むと池があり、ここで道が二手に分かれています。
本堂に行くにはまっすぐ進むのですが、左に折れると、「見晴らし台」という展望台があるようなので、行ってみました。



ちょっと息を切らせながら、左に折れた道を登っていくと、ありました「見晴らし台」です。
しかし、この 「見晴らし台」 、老朽化しているのか、なんと立ち入り禁止でした!



崩れてもいやなので、しかたなく、横から望遠で写真だけ。
以前は、ここから「かわらけ投げ」をしていたそうです。



途中の山道で、ハンミョウがいました。
昔はハイキングなんかに行ったときによく見かけましたが、久しぶりに出会いました。
この昆虫、山道を道案内してくれるんですよね。



分かれ道のところに戻ります。
また、塔頭です。
遍照院です。






その反対側にも、ちょっと立派な塔頭があります。
大慈院です。









この 大慈院には、立派な二重の塔があります。



さらにすすむと、4つ目の塔頭。
花蔵院です。



花蔵院の前庭は、苔の庭です。



この部分だけ切り取ってみると、まるで三千院のようですね。
梅雨時は、さぞかし美しいことでしょう。



ここまで登って来て、うちのわんこもへばってしまいました。
だっこして〜って、訴えてきます。






さらに進むと、ようやく本堂に続く仁王門がありました。



そして常行堂



梵鐘






そして本堂



ここまで来たら、全く人けがありませんでした。
静寂の中、厳かに建っている本堂。
趣があります。



うーん、なぜか小さな達磨さんがいっぱい。
「伽耶院」では、小さいにゃんこがいっぱいでしたが、同じように、おみくじのおまけ(?)なのでしょうか?










 
| 建物 | comments(0) | trackbacks(0)
| 1/4PAGES | >>