<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
かき揚げ丼ともりそば 衣掛庵昌

JUGEMテーマ:グルメ

 

須磨海浜公園駅の南、歩いて4、5分ほどのところにある「衣掛庵昌」というそば屋さんに行きました。

衣掛町というまちなので、そこから取った店名なのでしょうね。

須磨税務署には確定申告で何度か来たことがあるのですが、そのすぐ近くです。

人気店だそうで、わたしが行ったときも、2組がお店の前で待っておられました。

 

 

 

わたしは、かき揚げ丼ともりそばのセット(2200円)

家人は季節メニューの地鶏蓮根汁蕎麦(1650円)

 

注文を受けてからつくり始められるので、少し待ちます。

どーんと出てきたのは、ボリューミーなセット。

うーん、美味しそう!

 

かき揚げは、イカ、小柱、海老がたっぷり。

ものすごく美味しい!

ソバもとても香り高いです。

 

こちらは地鶏蓮根汁蕎麦。

熱い出汁につけていただきます。

こちらも美味しい。

 

こんな近くで、こんなに本格的なソバがいただけるとは。

いいお店を見つけました。

日本酒もこだわりのモノを置いているみたいなので、飲みにつかうのもいいかもです。

 

5分ほど歩けば須磨海岸です。

かき揚げ丼でお腹いっぱいになりましたので、腹ごなしに散歩です。

 

 

関連ランキング:そば(蕎麦) | 須磨海浜公園駅月見山駅鷹取駅

 

 

 

| グルメ | comments(0) | trackbacks(0)
立ち飲み 小林商店

JUGEMテーマ:グルメ

 

今日は、仕事で、言葉の通じない外国の方々の案内をして、さらに夕方には不思議な怪奇現象に遭遇したこともあり、へろへろに疲れてしまいました。

そんな状態で、同じく疲れている同僚に引っ張られるまま、立ち飲み居酒屋に連れて行かれました。

 

何気ない階段を降りたところに、ディープな世界が広がっていました。

 

「立ち飲み 小林商店」さんです。

 

瓶ビールをいただきました。

サッポロ黒ラベル

渋いですね。

そして、お皿は猫ちゃん柄、お店に似合わず妙にかわいい〜!

 

そして、おでん。

わたしは、怪奇現象のおかげで食欲がなかったのですが、同僚はバクバク食べていました。

 

食べずに飲んでいると、結構、酔いがまわってフラフラ。

なにがなんだかよくわからなくなり、とりあえず、気持ちを切り替えることができました。

 

それにしても、お安いお店!

いいですね〜。

 

 

関連ランキング:立ち飲み居酒屋・バー | 三宮・花時計前駅神戸三宮駅(阪神)神戸三宮駅(阪急)

 

 

 

| グルメ | comments(0) | trackbacks(0)
ひるぜん焼きそば 悠悠

JUGEMテーマ:グルメ

 

鳥取・島根旅行も帰路につきました。

米子自動車道を走りながら、どんよりした天気の下ですが、大山ともお別れです。

また、来るからね!

 

途中、ランチとお土産を買うために、米子自動車道を蒜山ICで一旦降りました。

行ったお店は、ひるぜん焼そばのお店「悠悠」さんです。一年ぶりかな

こんな天気の中でも満席で順番待ちでした。

 

15分ぐらい待って入店できました。

 

 

 

わたしは「ひるぜんの焼きそば定食」(810円)

 

ちょっと濃いめの味付の焼きそば、白ご飯にも合うんですよね。

 

家人はエビフライカレー(820円)

 

それと、とりの唐揚げを2人で4ピース。

すごい大きいです。

 

とても美味しかったです。

ごちそうさまでした。

 

 

 

 

 

 

| グルメ | comments(0) | trackbacks(0)
界出雲の「あさごはん」

JUGEMテーマ:グルメ

 

鳥取・島根旅行の3日目の朝です。

朝からどんよりとした天気。

 

 

まずは、部屋の露天風呂で朝風呂です。

 

お風呂の後は、朝食です。

 

「あさごはん」

ご当地ジュース

炊き合わせ 鶏と豆腐のつくね

蒸し物 温泉玉子

練り物 あごの焼き

佃煮 蜆の佃煮

焼き魚 鱸の奉書焼

食事 白飯

 

華美ではないですが、これぞ日本の朝ご飯! って感じです。

 

宍道湖名物の鱸(スズキ)の奉書焼。

昔、美味しんぼで読んだことありますが、食べるの初めてです。

奉書に包んで焼くことにより、旨みが逃げずにとじ込められるそうです。

うん、確かに美味しい。

 

朝からお腹いっぱいになりました。

 

前日は到着が遅くて、すでに暗かったので、出発前に改めて館内の探検。

 

テラス席では、無料のコーヒーもいただけます。

 

 

 

 

 

 

 

さて、出発です。

 

お世話になりました。

 

 

 

 

| グルメ | comments(0) | trackbacks(0)
星野リゾート 界 出雲

JUGEMテーマ:グルメ

 

さて、いよいよ楽しみにしていた「星野リゾート」の夕食です。

 

 

本日のお献立 界出雲

 

先付け のどぐろの炙り

八寸 雲丹と白玉のみたらし など

お椀 土瓶蒸し

お造り 界出雲流

揚げもの 帆立進上の蓑揚げ

 

蓋物 湯葉のおぼろ蒸し

台のもの 加太婦羅那

食事 白飯

甘味 三種から

 

先付けに、いきなりの「のどぐろの炙り」です。

最初から主役級です。

とろけるような白身、炙りが入っているので皮目は香ばしいです。

 

なんとも鮮やかな八寸

どの品も、ひと手間入った手の込んだ品々です。

 

土瓶蒸し

 

蓋を取ると、お出汁のいい香り

 

アマダイ、海老、キノコ類

アマダイを使うところが、なるほどという感じです。

旨みがあって、でも主張し過ぎず、出汁と具材が一体となっています。

 

界出雲流 お造りの取り合わせ

 

これまた凝ったお造りです。

本日の白身魚はメダイだったかな。

6種盛りですが、マグロは納豆醤油、マダイは煎り酒、カンパチはちり酢という具合に、すべて違う味付けでいただきます。

特に、白バイ貝をおぼろ昆布と塩昆布でいただくのは秀逸でした。

 

揚げものの写真は撮り忘れてしまいました。

帆立の進上が美味しかったです。

 

ここで、祝いのお酒が登場。

わたしの誕生日が近かったので、そのお祝いをいただきました。

 

 

 

湯葉のおぼろ蒸し

茶碗蒸しのような感覚ですね。

 

加太婦羅那

字を見た時、なんだろうと思いましたが、「カタプラーナ」と読むそうで、ポルトガルの鍋料理だそうです。

高級旅館の献立としては、なかなか挑戦的です。

 

シジミと白身魚と鶏肉です。

白身魚は何だったか、忘れてしまいました・・・

 

宍道湖のシジミ、大きいですね、それにいいダシが出てます。

鶏肉は、片栗粉でくるまれています。

鍋に入った鶏肉って、旨みが抜けてしまってスカスカになっているものがありますが、片栗粉で包むことによって、味が逃げないようにしているのでしょうか。

意外なお料理ですが、なかなかに完成度が高いです。

さすが。

 

 

 

デザートは3種類から選択。

家人は、「ほうじ茶のクレームブリュレ」

 

わたしは、「黒蜜ムースと栗甘露煮」

 

チョコレートのデコレーションはサービスです。

どちらもさすがの美味しさ。

 

どれも、さすがの美味しさ。

前日に泊まった皆生温泉の「華水亭」さんの夕食は、とても食べきれる量ではなかったですが、この「界出雲」さんの夕食は、ちょうどいい量でした。

ごちそうさまでした。

 

 

関連ランキング:旅館 | 玉造温泉駅

 

 

 

 

| グルメ | comments(0) | trackbacks(0)
豪華ウニ丼 & ノドグロ定食

JUGEMテーマ:グルメ

 

出雲大社をあとにして、日御碕方面に向かいました。

リアス式海岸沿いの道路を進みます。

 

 

 

 

10分ほど車を走らせると、日御碕に到着。

散策の前にランチをとることにしました。

 

行ったお店は「花房商店」さん。

日御碕の中心部(?)から、少し外れたところにあるお店です。

 

いろいろな海鮮丼がありますね。

どれも美味しそう。

 

豪華な盛りのウニ丼が有名だそうで、家人はそのウニ丼(2,160円)を注文。

 

すごいですね、これ。

これで普通盛りです。

大盛りになると、さらにすごいそうです。

オレンジ色の濃い身はバフンウニですね。身に甘みがあり美味しいです。

こんなにバクバクとウニを食べられたのは初めてだと家人も喜んでいました。

 

わたしは、ノドグロ定食(2,160円)を注文。

 

高級魚ノドグロなのに、このお値段ですから、さすがにそんなに大きくはないノドグロですが、とろけるような白身はやはり美味しいです。

 

美味しかったです。

ごちそうさまでした。

 

 

関連ランキング:魚介・海鮮料理 | 出雲市その他

 

 

| グルメ | comments(0) | trackbacks(0)
超豪華会席料理! 皆生温泉「華水亭」

JUGEMテーマ:グルメ

 

鳥取・島根旅行の最初の夜、いよいよ「華水亭」さんの夕食です。

「華水亭」さんは、通常の客室と、露天風呂付きの客室では、当然、部屋のグレードが違うのですが、それに合わせて食事のグレードも違っています。

それにしても豪華です。

飲み物は、コースについている梅酒ワインと、瓶ビール(一番搾り)をいただきました。

 

お献立

梅酒わいん

アスパラ豆腐 美味出汁

時季の物盛り合わせ

生海苔つゆ しゃぶ鍋 鳥取白葱

鮮魚盛り合せ 妻一式

鳥取和牛ステーキ 塩ぽん酢 味噌ダレ

焼野菜

茶碗蒸し

活鮑踊り焼き

天婦羅 目鯛 海老 舞茸 天だし

酢の物 ずわい蟹

にぎり寿司

赤出汁

本日のデザート

 

まずは、アスパラ豆腐。

これが名物だそうです。

とても濃厚な旨みに、ねっとりした口当たり。

確かに、美味しい!!

しょっぱなからコレですか!

期待が高まります。

 

前菜盛り合わせ、器がかわいいですね。

お味も、どれも美味しい。

 

タイのシャブシャブです。

 

生海苔をダシに入れて、そこに鳥取白葱も投入。

 

そして、マダイの身を入れて、ネギと海苔をくるんでいただきます。

うわぁ、上品ながらも旨み満載!

見た目も緑鮮やかです。

 

鮮魚の盛り合わせは、マアジの活造り、イサキ、甘エビ、アオリイカなど。

アオリイカは身が厚く、甘みが強くて、ねっとりした食感、美味しいです。

 

ズワイガニは、今年の漁はまだ解禁前なので、冷凍なのでしょうが、でも、身入りがよく、甘みもあって、さすがにいい素材を使っておられます。

 

そして、ここで料理長さんが登場!!

なんと目の前で、御自ら鮑を調理していただけます。

 

鮑は炭火で焼いて、肝とバターと生クリームを合わせたソースをかけていただきます。

うわぁ、なんと濃厚な旨み!

メチャメチャ美味しいじゃないですか!!

 

茶碗蒸し

濃厚な鮑の踊り焼きと、次に控える鳥取和牛のステーキの間の、箸休め的に、ほっと一息。

 

そして、鳥取和牛のステーキと焼野菜。

 

目の前の陶板で焼いて、味噌ダレか塩ぽん酢でいただきます。

見ただけでわかるかと思いますが、とても柔らかく、そして美味しいです。

でも、そろそろお腹も満腹・・・

 

満腹なのですが、さらに天ぷら登場!

お腹いっぱいですが、でも、美味しい・・・

 

さらに、お寿司と赤出汁登場!!

 

回転寿司とは次元の違うクオリティ。

口の中でとろける蒸し穴子!

炙りサーモンもマダイも海老も美味しい・・・

もう、お腹120%満腹です。

 

デザートは、すぐには無理でした。

部屋の冷蔵庫に入れて、夜寝る前にいただきました。

鳥取梨、杏仁豆腐、モンブラン風のケーキ、どれもクオリティ高い!!

 

本当に、素晴らしい美味しさです。

すごいですね。

これほどのお料理をいただいて、露天風呂付きの豪華なお部屋。

それを考えると、1人1泊3万円程って、お安い!!

 

 

関連ランキング:旅館 | 東山公園駅後藤駅富士見町駅

 

 

 

| グルメ | comments(0) | trackbacks(0)
あけまの森 ガーデン・カフェ

JUGEMテーマ:グルメ

 

鳥取・島根旅行の初日のランチは、大山の中腹、「あけまの森」にある「森と水の教会」の敷地内にある「ガーデン・カフェ」さんでいただきました。

こちらの施設は、本業が結婚式場であるため、カフェの一般客向けの営業は、週のうち、月・火・木・金の4日間だけとなっています。

大山は今まで何回も来ていますが、このお店に今まで来たことがなかったのは、土日祝の営業をされてないからかな。

 

 

季節もよく、天気もよい、気持ちのいいテラス席です。

このテラス席は、ペット連れOKです。

 

ひとりはデザート付きのBランチ(2,000円)、ひとりはデザート無しのAランチ(1,650円)にしました。

 

アミューズ

豚肉のパテにイチジクと粒マスタードがのっています。

おっ! のっけから美味しい!

ワインが欲しくなりますが、車なので我慢です。

 

オードブルは3種から選択。

家人は、「魚介のガレット 色どり野菜のクスクストマトソース」を選択。

目にも鮮やかで美味しそう。

 

わたしは、「牛の赤ワイン煮 コロッケ仕立て 発酵バター香るじゃが芋ピューレ」

 

こちらも鮮やかです。

コロッケの中は、ほろほろの牛肉、柔らかい。

残ったソースも、パンにつけて全部いただきました。

 

シイタケのポタージュ

まさにシイタケを食べているかのようなシイタケそのものの風味。

 

メインも3種から選択です。

家人は、「ハーブチキンもも肉のソテー 牛蒡と赤ワインソース」

皮はパリッ、中身はジューシー。

 

わたしは、「県産豚とっとんヒレ肉のチーズ焼き アジア風」

アジア風のピリ辛感とチーズのコクが豚ヒレ肉を包み込んでハーモニーを奏でています。

 

デザートは「いちじくのワイン煮とアールグレイのアイスクリーム」

これまたおしゃれで、お味も期待どおりの美味しさ。

 

食後のコーヒー

 

 

とても気持ちよく、美味しいランチをいただきました。

しかも、こんなにリーズナブルなお値段で・・・

まちなかでは考えられないですね。

 

 

関連ランキング:ビストロ | 淀江駅

 

 

| グルメ | comments(0) | trackbacks(0)
「どんぶりころころ」のかつ丼と「エル・ラコーデン・タケウチ」の大人の濃厚チーズケーキ

JUGEMテーマ:グルメ

 

今日の「こうべ食の博覧会」で、食べきれず持って帰ったものを家に帰ってから美味しくいただきました。

 

 

 

どんぶりころころさんのかつ丼(600円)

昔から変わらないお味です。

(実店舗では、チキンカツ丼のソース味をいただくことが多いですが)

 

大盛りって頼んでないのに、ご飯がものすごくいっぱい詰まってました。

苦しい・・・

 

そして、エル・ラコーデン・タケウチの大人の濃厚チーズケーキ

封を開けると広がる甘いチーズの香り。

濃厚なチーズのうまみに加え、クレーム・ブリュレ的な香ばしい甘さもあります。

美味しい〜!

 

昼からは、雨はちょっとマシになっていましたが、客足はどうだったのでしょうね。

 

 

 

 

| グルメ | comments(0) | trackbacks(0)
こうべ食の博覧会 リターンズ!!

JUGEMテーマ:グルメ

 

台風が近づいている雨の中、「こうべ食の博覧会 リターンズ!!」に行ってきました。

朝起きて、雨が降っているのを見て、行くのをやめようかとも思いましたが、せっかくチケットをいただいたし、またこんな中でも出店されているお店のためにも、がんばって行くことにしました。

 

それにしても、一度台風で中止になり、再起を期すも、またもや荒天とは、ほどほどついていないイベントです。

 

JR元町駅で降りて、中華街の中を通って海の方に向かって歩きました。

この荒天の中、中華街もひっそりしています。

それでも、開店前の老祥記さんには4、5人の人が並んでいます。

 

ポートタワーの下の辺りが会場です。

 

うわぁ、スタッフさん大変そう・・・

 

天気悪い。

 

まずは、景気づけに日本酒の試飲をいただきました。

 

 

久しく行っていない「離の宴」さんで牛とろ串を買いました。(1本500円)

 

沢の鶴さんの「純米大吟醸 瑞兆」

濃厚な「牛とろ串」をアテにいただきましたが、すっきりしていながら芳醇、和牛の脂にも負けていません。

 

次は、「豚饅サミット」のブースで豚饅つめあわせ(300円)をいただきました。

 

神戸の豚饅のお店3店のつめあわせです。

すごい!

 

うーん、美味しい。

豚肉の旨みとタマネギの甘み、さすがにどれも美味しいです。

でも、一気に3つ食べると、お腹いっぱいに・・・

さっきの和牛も効いたかな。

 

これで、いただいた金券千円分は使い切り、一応ノルマは達成かなと思ったのですが、会場でガラガラの抽選券をもらったので、ガラガラを回すと、緑色の玉が出ました。

うん?

「おめでとうございます! 特製Tシャツと金券です。」

また、千円分の金券をもらい、振出しに戻ってしまいました。

 

うーん、結構お腹いっぱいだし・・・

と思っていると、「どんぶりころころ」さんのお店のお姉さんと目があってしまいました。

「どんぶりころころ」さんは、わたしが学生の頃からよく行っているお店で、さすがに最近はあまり行っていないのですが(ボリューム的に食べられなくなってきたためです)、わたしの顔をおぼえていてくれたようです。

幸いにテイクアウトできるようで、持って帰ることにしました。

 

 

さらに、去年行ったタケウチさんがデザートを出していたので、「大人の濃厚チーズケーキ」(400円)をいただきました。

 

やはり、これもお持ち帰り・・・

 

さらに、今日は仕事に行っている家人のために豚饅つめあわせをさらに1つ買い、会場を後にしました。

 

 

お店のみなさま、スタッフのみなさま、おつかれさまです。

 

 

 

 

 

 

| グルメ | comments(0) | trackbacks(0)
| 1/119PAGES | >>